部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. ワンルームと1Kで過ごす一人暮らしのインテリア

ワンルームと1Kで過ごす一人暮らしのインテリア

一人暮らしには1R(ワンルーム)と1K(ワンケー)の間取りが向いているとされています。
そのためインターネットを利用したお部屋探しでも一人暮らし向けの賃貸としてワンルームや1Kが特集されていることが多いです。
また、実際に不動産会社に足を運んでお部屋探しをした場合でも同じようにワンルームや1Kが一人暮らし物件として扱われています。

■ワンルームと1K
このワンルームと1Kですが違いが分からないという人は多いのではないのでしょうか?
ワンルームはキッチンが同じひとつの部屋にあるため、キッチンと部屋のスペースが区切られていません。
そのキッチンスペースとひとつの部屋がドアで区切られている間取りが1Kとなっています。
そのため料理をすることが多い女性であれば、部屋に料理のニオイがこもりにくい1Kがいいかもしれません。
また区切りがあるためにワンルームよりも1Kの方が家賃は少し高くなっています。
料理をしない人であれば少し家賃の安いワンルームのほうがいいかもしれません。

■インテリア
一人暮らしの部屋は自分の好きなインテリアにすることでより良い空間にすることが可能です。
インテリア次第で部屋の雰囲気は大きく変わり、部屋で過ごす時間を充実させることもできます。
自分の趣味に合ったモチーフのインテリアにすることで、趣味に没頭することができるかもしれまねん。
インテリアでは家具選びがとても重要になってくるので、自分のインテリアに合うデザインのアイテムを選ぶことが大切です。
もしインテリアがよくわからない人はインターネットを利用してインテリアを検索してみるといいでしょう。
沢山のインテリアの種類がでてきてその中から自分にあったインテリアを選びましょう。
そしてそのインテリアを参考にして家具選びをすることで、一人暮らしの部屋のコーディネートしやすくなります。
お洒落な部屋にする自信がないという人でも、インターネットを利用することで自分好みの部屋を見つけることができます。
そのためお部屋のコーディネートも失敗しにくくなるでしょう。

一人暮らしでは一人でいる時間が増えるので、自分の部屋にいる時間はとても大切なものになります。
良い暮らしをするにはお部屋探しを成功させることも大事なことですが、住んだ後の部屋のインテリアも良い環境にするにはとても大事なことです。
自分の好きなことを落ち着いてできる部屋にすることで生活も充実させやすいでしょう。

【関連リンク】

ワンルームと1Kで過ごす一人暮らしのインテリア ページ上部へ戻る