部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 商売繁盛させたいのならば良い店舗探しから始めよう

商売繁盛させたいのならば良い店舗探しから始めよう

商売にはいろいろな種類があります。
雑貨屋や飲食店、コンビニエンスストアなど挙げるときりがありません。
商売を始めるとき、どんな商売をするか決めたうえで動き始める方は多いでしょう。
どのようなことに気をつけて店舗探しをしていけば良いのでしょうか。

■場所探し
場所を探す際、どのようなお客さんをターゲットにするか、どの世代に求められている商売かを見極めることが大切といわれています。
幅広い世代の人が集まる場所もあれば若者が多く集まる場所もあります。
また年配者が多く集まる場所や観光客が多い場所などさまざまです。
どのような場所が適しているのかを把握したうえで場所を探すようにしましょう。

■店舗探し
場所が決まったら店舗探しです。
一般的に1階のお店は、2階以上のお店よりお客さんが入ると言われているので、1階に店を構えたいという方が多いです。
そのため1階の貸し店舗は家賃が高めに設定されています。
1階のほうが立ち寄りやすく便利なイメージがあります。
特に、飲食スペースを持たないお店は1階のほうが良いと言えるでしょう。
しかし中には2階以上でも営業できる商売もあります。
人の回転率をあげなくても良い商売や隠れ家的なお店などはそれにあたります。
予算にもよりますが、何階に店舗を構えるかも重要です。

■居抜き物件
居抜き物件とは、前営業していたお店の設備や家具などがそのまま残っている物件です。
前の業種とこれからやろうとする業種が同じであれば、そのままお店を始めることができるので内装費などの初期費用を抑えることができます。
内装に時間をとられないので、早めにお店をオープンさせることも可能になってきます。
また、前のお店に通っていたお客さんが来店してくれることもあります。
しかし良いことばかりではないことも把握しておきましょう。
設備の老朽化や故障した場合、修理代や処分する際の費用がかかってしまう可能性もあります。
また、前のお店の印象を引き継いでしまうこともあるので、注意しましょう。
前のお店の設備が残っていても、無料とは限らないので必ず事前に確認したほうが良いと言えます。

このように、より良いお店を構えるにはさまざまな問題を乗り越えていかなければなりません。
また、なかなか時間が取れない方は、空き店舗の情報や地域の情報をインターネットでも調べることが出来ます。
商売繁盛し、長くお店が続けられるよう、時間に余裕を持って納得のいく店舗探しをするようにしましょう。

【関連リンク】

商売繁盛させたいのならば良い店舗探しから始めよう ページ上部へ戻る