部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 様々な手段で住宅情報を集めて賃貸探しに役立てよう

様々な手段で住宅情報を集めて賃貸探しに役立てよう

引越しをしようと考えたとき、まず必要となるのが賃貸の住宅情報です。
自分の住みたい賃貸物件を探すためには、情報収集が必要となります。
近年はインターネットの普及により様々な方法を選ぶことができます。住宅情報の集め方についてまとめました。

■自分の希望をまとめる
住宅情報を見る前に、自分にどのような物件が向いているかを考えましょう。
住みたい地域が漠然としている場合は、おおよその家賃や立地を決めると目安を付けることができます。
大体の希望がまとまっていると、住宅情報も効率よく集めることができます。
参考までに、家賃は手取り額の30%が良いといわれています。賃料の高すぎる賃貸を選ぶと、生活が破綻する恐れもあるので注意しましょう。

■住宅情報を集める
おおまかな希望がまとまったら、希望の条件に合った物件について調べましょう。
住宅情報を集めるには、住宅情報誌の閲覧や、不動産業者への相談、インターネットでの検索などがあります。

○住宅情報誌
街角に置いてある情報誌や、新聞やチラシの広告では、気軽にどのような賃貸があるかを調べることができます。
広告は人に興味を持ってもらう事が第一なので、良い条件が揃った物件が書かれている事が多いです。
しかし、そういった物件は早々に契約が決まりやすいので注意しましょう。
自分が望む賃貸はどの程度の賃料となるか、相場を調べるのにも有効です。

○不動産業者への相談
条件に合う物件が中々見つからない場合は、不動産業者へ相談してみましょう。
多くの物件を見てきているため、地域による特色などもアドバイスしてもらえます。
不動産業者には、個人が営業している所と大手企業とありますが、どちらも優れた点があります。
個人経営の所では、地域との交流が深いため掘り出し物の物件を紹介してもらえるかもしれません。
大手の業者では、広い範囲から多くの物件を見ることができるため、効率よく住宅情報を得ることができます。
自分の好みで選択しましょう。

○インターネットでの検索
パソコンや携帯電話があると真夜中でも行えるため、インターネットでの住宅情報の収集は最も気軽に行えるのではないでしょうか。
情報を掲載している業者も多いため、いくつかのサイトを利用すると住宅情報が豊富に集まるでしょう。
希望を満たす物件数が多すぎると感じた場合は、絞込み機能を使いましょう。
細かな設備や条件の希望を満たす物件を見つけられるため、情報の整理に便利です。

■住宅情報を有効的に利用する
物件についての情報は、いくらでも下調べする事ができます。
情報収集を怠ると、不便な暮らしを送らねばならなくなるかもしれません。
自分の望む賃貸について調べ、下見をする事で、よりよい生活を送れるようにしましょう。

【関連リンク】

様々な手段で住宅情報を集めて賃貸探しに役立てよう ページ上部へ戻る