部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 後悔しない中古物件購入の為に注意点を知ろう

後悔しない中古物件購入の為に注意点を知ろう

新築で家を建てたいと思っても、希望のエリアに空き土地がない場合や予算の問題で諦めざるを得ない場合があります。
その場合は中古物件購入も視野に入れて探す方が多いのではないでしょうか。
立地がよく手ごろな値段ですぐにでも契約したくなる場合もあるでしょう。でも中古物件購入には注意しなければならない点があるのです。

建物が広く値段を見るとほとんど土地の値段と同じ。だったら将来的に建て替えればいいかと中古物件を購入してしまってから、建て替えが出来ない物件だったと判明することがあります。
昔の法律と今の法律では、建蔽率と容積率が変化している場合があるからです。土地面積が広い場合には、前よりも床面積を狭くすれば建てることが出来ます。
でも、狭い土地の面積いっぱいに建っていた物件の場合は、今の法律下では建て替えすらままならない場合もあるのです。
ですから中古物件購入の際には、建蔽率が最大でいくらまでなのかを管轄の地方自治体に確認するようにしましょう。

中古物件購入の際には耐震性にも注意しなければなりません。建物のメンテナンスの有無、地盤や建設時期などのチェックが必要です。
建物が丈夫でも地盤が弱くてはどうしようもありません。ネットでハザードマップを利用して調べることも出来る場合があります。ネット上に情報が無い場合には、役所の建築課で聞いてみましょう。
また地名にその土地の性質が現れていることもあります。もし、軟弱地盤だった場合にはどのような対策が取ってあるか調べてみましょう。

住宅の耐震性能もチェックポイントです。これは建設時期である程度判断することが出来ます。
耐震基準の改訂があった1981年と、同じく同法の改訂があった2000年以降に建てられた物件ならば、一定以上の耐震性を持つと考えられます。
それ以前の物件ならば、耐震診断をして耐震補強をしなければなりません。もちろんそれらの改修済みならば安心してよいでしょう。

建物の状態の確認も必要です。目視で確認できる箇所は出来るだけ確認するようにしましょう。
例えばコンクリートの基礎部分に大きなヒビが入っていないかどうか。ヒビがあるとそこから空気が進入し、基礎内部の鉄筋が腐食してしまうので注意が必要です。
床下換気口の有無や、建物に傾きの有無なども自分の目で確認出来ます。
天井裏や床下も確認させてもらえるならば確認しましょう。シロアリの被害や、木材が腐ったり欠けたりしていないか確認できるからです。

重要な注意点を挙げてみましたが、他にも沢山注意しなければならないことはあります。中古物件購入にはとても大きなお金がかかります。慎重になりすぎるくらいで丁度いいのです。
後悔しない中古物件購入の為には、しっかり下調べをして注意点も知っておくことが大切です。

【関連リンク】

後悔しない中古物件購入の為に注意点を知ろう ページ上部へ戻る