部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸の情報集めに使える検索サイトの種類と比較

賃貸の情報集めに使える検索サイトの種類と比較

賃貸を探そうと思ったとき、皆さんはどんなことから始めますか。
まずは、賃貸の情報を集めようと思う方が多いのではないでしょうか。
賃貸情報を集めるための方法にはさまざまな物があります。
不動産業者の店舗への相談や、新聞に入っている折込チラシや賃貸情報誌の閲覧などは、古くからある方法です。しかし、少し面倒に感じる点も多いでしょう。
近年はインターネットが普及したため、情報収集にネットを使う方が増えました。
賃貸物件を探すときに便利なのが、賃貸情報を集めた検索サイトです。
賃貸の地域や、賃料の相場、希望の設備、立地など、様々な条件を付けて情報収集ができるサイトも多いです。
同じ条件を持った賃貸が一度に閲覧できるため、比較が簡単に行える点が特徴です。
比較した物件の中から一番賃料が安い物件を選ぶ、等の使い方に向いています。
下準備や時間の都合などをつけずに調べられるため、まず行う方も多いでしょう。
検索サイトは、様々な不動産業者によって作られています。
その中にも複数の種類があり、それぞれ得意な点も変わります。2種類の検索サイトの比較を行いました。

■多数の物件情報が見れる賃貸検索サイト
情報を提供する不動産会社が複数あるサイトは、ポータルサイトと呼ばれます。
そのポータルサイトに加入した不動産会社が提供した賃貸情報が掲載されます。
サイト内で見つけた物件情報について知りたいと思ったら、まず名前や連絡方法について記入したメッセージがフォームから送信されます。
そのメッセージは賃貸情報の提供をした業者へ送られるため、確認した業者が折り返しの連絡をしてくるのが一般的です。
その後は、電話での相談や会社の窓口への訪問を行い、物件の下見をして気に入ったら成約という流れです。
こういったサイトの優れている点は、全国から情報が集まってくる点です。
複数の業者から情報を集めているため、情報の掲載量は多くなります。
そうすると、部屋を探している方も自分が望む条件に近い物件が探しやすくなるのです。

賃貸情報は鮮度が命ともいわれており、良い物件ほど早く契約されます。
サイトへの掲載には手間も時間もかかるため、掲載されない物もあります。
しかし、情報の収集や比較のための機能が豊富なのはポータルサイトならではです。
物件の位置を地図から探す機能や、目的地への所要時間を計る機能など、便利な機能が増えています。

インターネットの充実により、賃貸検索サイトも情報量が充実しています。
何処が使いやすいか比較してみるのもよいでしょう。

【関連リンク】

賃貸の情報集めに使える検索サイトの種類と比較 ページ上部へ戻る