部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 不動産が扱う賃貸物件にありがちなトラブル

不動産が扱う賃貸物件にありがちなトラブル

生活していくうえで、何事もなく毎日を過ごせるということは誰もが願うことでしょう。
それは、賃貸物件に住んでいるという場合ももちろん同じです。
しかし、賃貸物件においては家主と借主の認識の違いにより、不本意ながらトラブルに見舞われてしまうこともあるようです。

■敷金にまつわるトラブル
賃貸物件の契約には、初期費用といわれるもののなかに敷金や礼金が含まれます。
礼金は家主に対してお礼の意味で支払うお金ですので、自分に返ってくることはありません。
しかし、敷金は借主が家賃を支払えなくなったり何かあったりしたときのために預けておく、いわば担保のような意味を持つお金です。
一般的に敷金は家賃の1ヶ月〜3ヶ月分ですが、家賃の滞納がなければ、退去するときに返還されるお金であるということです。
でも実際には、敷金が返ってこないというトラブルのほかに、追加請求されたというトラブルまで発生しているのです。

■原状回復とは
借主には退去するときに、「入居前の部屋の状態に戻す」という原状回復が義務付けられています。
普通に生活をしていれば、経年による建物の汚れやキズはどうしても生じてしまいます。
ですが、そのような場合は家主が負担しますので、原状回復義務の対象にはなりません。
借主の過失や故意によって発生、また拡大してしまった汚れやキズは原状回復義務の対象になります。
そして、敷金からその修復費用が賄われているということなのです。

■どこまでが借主の負担になるのか
では、どこからどこまでが家主の負担になるという判断の基準はあるのでしょうか。
残念ながら、実際にはここからここまでというような基準をはっきりさせるのは非常に困難なことなのです。
基本的には、借主の使い方や住み方によって発生したり、しなかったりすると考えられるものかどうかという点です。
例えば、家具の配置によって床やカーペットに凹みができたり、配置した跡が残っている場合は通常に発生すると考えられるものなので家主の負担となります。
また、食べ物や飲み物をこぼしてシミやカビができてしまった場合は、本来の手入れを怠ったり放置したりすることが原因となりますので借主の負担となります。

敷金のトラブルは、必ずしも規定のラインで測れるというものではありません。
不動産会社と契約するときには、賃貸の重要事項を説明してもらいますが、特に退去するときの特約事項も自分で把握しておくことがトラブルを未然に防ぐことにつながります。
はじめの段階で分からないことがあれば、不動産会社にそのつど確認することも必要でしょう。

【関連リンク】

不動産が扱う賃貸物件にありがちなトラブル ページ上部へ戻る