1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 中古アパートを買うときの利点と注意点を見てみよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古アパートを買うときの利点と注意点を見てみよう

老後の収入を得るためや子供への財産にするためにマンションやアパート経営を考えている方は少なくありません。
以前は地主さんが不動産経営をしているイメージでしたが、今は会社員など本職を持ちながら不動産経営をしている方も多くいます。
土地を購入して一からアパートやマンションを建てる場合と、すでに建っている中古の物件を買う場合などがあります。
ここでは中古のアパートを購入し、賃貸アパートの経営をすることについて少しみていこうと思います。

中古アパートを買う

アパート経営をするためにはアパートを購入しなければなりません。
中古アパートを買うにあたり、良い点と注意点を紹介します。
新築アパートを建てる場合より中古アパートは比較的安く購入が出来ます。
しかし、ローンの審査が通りにくいため、自己資金を多く準備しなければならない場合があります。
また、築年数が経っている物件の場合、購入してすぐ修繕費がかかってしまうこともあるでしょう。
入居者がすでにいる場合はすぐに家賃収入が得られますが、家賃を変更したい場合は入居者がいると難しくなってきます。
反対に入居者がいない場合はもちろん、家賃収入が見込めず、入居者を確保することから始めなければなりません。
また、入居者がすぐに決まらないことも少なくなく、入居者に借りてもらうために、リフォームをしなくてはならないこともあります。
購入の前に、アパートがなぜ売りに出ているのか、ちゃんと利益が見込めるのかを考えてみましょう。

賃貸アパートの経営

アパートを購入するときは、入居者が見込まれる場所であるかを見極めることが大切です。
また、間取りが一人暮らし用なのか、ファミリー用なのかによっても変わってくるので注意しましょう。
一人暮らし用の間取りは比較的駅に近く、交通アクセスが良い場所のほうが入居者を確保しやすいといえます。
公園やスーパーが近くにあり、治安が良い場所はファミリー用の間取りが良いでしょう。
購入するアパートの間取りは周囲の環境にあっているのかを確認するようにしましょう。
アパート経営にあまり詳しくない方は、管理会社に相談してみても良いのではないでしょうか。
いまは、たくさんの管理会社がいろいろなプランを用意しているため、自分の生活スタイルに合ったプランを選ぶ事も可能になってきました。
良いアパートを購入し、良い管理会社と相談しながら、良いアパート経営ができるように慎重な物件選びをするようにしましょう。

中古アパートを買うときの利点と注意点を見てみよう ページ上部へ戻る