部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 希望のマンションを買うには新築にこだわらないほうがいい

希望のマンションを買うには新築にこだわらないほうがいい

そろそろマイホームが欲しいと考えている人もいるかもしれません。
マイホームの購入と言っても一戸建てやマンションどちらにしようか迷いますね。
また新築がいいのか中古がいいのか迷う人も多いでしょう。
マンションの購入を考えた場合幅広い選択肢がある中古マンションを買うことも検討してはどうでしょうか。

■希望の条件のマンションを買うには
新築マンションは何もかもが新しく、モデルルームの見学をすればそこに住む自分を想像してしまうのではないでしょうか。
しかし新築マンションは価格も高くなっています。好立地のマンションであればさらに価格も上がり予算オーバーになってしまいます。
予算を気にして、どこか妥協して購入を決めてしまう場合もあるのではないでしょうか。
自分の希望通りのマンションを買うには築浅の中古物件も検討してみたほうが良いでしょう。
マンションの供給は1995年ごろから大幅に増え、中古マンションとして出ているものも多くあります。
最近は立地が良い場所にマンションを建設しようと思っても土地を確保する事が難しくなっています。
立地に重点を置いてマンションを探した場合、中古物件のほうが選択の幅が広がるでしょう。
同じエリアでマンションを探す場合、新築マンションに比べて中古マンションのほうが物件の数は多くなります。
また予算を考えた場合、新築よりも中古マンションのほうが同じ価格でも広いマンションを買うことが出来ます。
妥協せず希望通りのマンションを買うには中古マンションのほうが良いでしょう。

■中古マンションを買うには耐震性に注意が必要
中古マンションを買うには何に注意する必要があるでしょうか。
近年多くの人は耐震性を気にするようになりました。旧建築基準法で建てられたマンションには注意が必要です。
耐震性を気にするのであれば、築浅の中古マンションを検討してみてはどうでしょうか。
1995年以降マンションの構造や配管など、強度や耐久性に力を入れたマンションが建設されるようになりました。
また2000年代に入ると共用施設や室内設備も充実したマンションが増えました。
ですからマンションのグレードは新築マンションであっても築浅の中古マンションであってもあまり変わりがないでしょう。
部屋の広さや間取りを見た場合、新築よりも築浅の中古マンションのほうが良い場合もあるでしょう。

マンションを買うには新築にこだわらないほうが自分たちにとって理想の住まいを手に入れられる可能性が増えます。
ぜひ築浅の中古マンションも検討してみましょう。

【関連リンク】

希望のマンションを買うには新築にこだわらないほうがいい ページ上部へ戻る