部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸を探す前に確認しよう一人暮らし物件探しコツ

賃貸を探す前に確認しよう一人暮らし物件探しコツ

実家暮らしをしていると、一度は一人暮らしをしたいと思う人もいるでしょう。
一人暮らしに憧れを抱いて、地方から東京などの首都圏に移住する人も多いです。
一人暮らしの生活は楽しみもあるし、不安も伴います。
お金の面は特に重要になります。
実家で生活している時は自分のお小遣いだけを気にしていた人も、一人暮らしをすることで生活全体のお金を気にしなければなりません。
賃貸物件を借りる場合は家賃が発生します。
家賃は生活費の大半を占めるもので、他にも食費や水道光熱費などの出費が発生します。
家賃は月収の3分の1が目安とされています。
この配分は無理なく生活できる範囲なのでしょう。
しかし、月収は人によって金額が異なるので、誰でも3分の1にすればいいというものではありません。
月収が少ない人は4分の1を目安にするなど、自分の月収にあった配分をするようにしましょう。
生活にかかる出費全部を考慮して、家賃を決めましょう。
家賃を決めたら次に物件を探すことになりますが、どんな物件を探すかが重要になります。
一人暮らし物件を探すコツを紹介したいと思います。

■一人暮らし物件探しコツ1
物件を探す前に自分が住みたい部屋を想像してみましょう。
家賃や立地、間取りや設備など必要な条件を並べて思い描くことが大切です。
それから、賃貸サイトや情報誌を活用して物件を探してみましょう。
調べる時間がない人は直接不動産屋へ足を運ぶのも良いですが、極力自分で探す方法をおすすめします。
自分が気に入った物件をいくつか下見して、そこから物件を絞ることで自分が想像した部屋に住める可能性が高まるでしょう。

■一人暮らし物件探しコツ2
生活リズムを考え場所を決めることが大切です。
学校や会社に通っている人は近くのエリアにすることで通勤通学時間を短くすることができます。
自動車で通っている人は短時間で行ける経路を把握しておけば更に時間を短縮できます。
電車やバスなどを利用する人は駅周辺や、近くにバス停があるエリアを選ぶことで便利になります。
食品や日用品は誰でも手軽に購入したいものです。
スーパーや商店街、コンビニなどのお店は近くにあれば利便性があります。
深夜まで営業しているスーパーやコンビニなどがあれば帰りが遅くなっても不便を感じることはありません。

■一人暮らし物件探しコツ3
部屋の空間は家具などの配置によって変わります。
部屋の使い方によって、居住スペースを広くすることも可能になるでしょう。
一人暮らしの間取りはワンルームや1Kタイプがあります。
どのタイプの部屋が合うのか、実際に確認してから決めることが大切です。

【関連リンク】

賃貸を探す前に確認しよう一人暮らし物件探しコツ ページ上部へ戻る