1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. ペット可物件はどのような条件のある賃貸物件なのか
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペット可物件はどのような条件のある賃貸物件なのか

賃貸物件と言っても、最近はさまざまな種類があります。
賃貸物件を借りる人もさまざまな人がいるように、色々な条件がついている物件があります。
たとえば、ペットが飼える賃貸物件や、楽器の演奏ができる楽器相談可の物件などです。
このように、以前集合住宅ではできなかったこともできるようになりました。
その結果、それぞれアパートやマンションによってルールや条件はつきますが、賃貸物件を借りたいと思う人が増えたのではないでしょうか。
賃貸物件に暮らしている人も、できることが増えて生活が豊かになったと思います。

ペット可の賃貸物件

ペットを飼いたいと思う人が増えたことによって、ペット可物件が充実してきました。
しかし、ペット可物件だからといって、何でも飼っていいわけではありません。
賃貸物件を探す際は、何のペットを何匹飼うのかなど決めておく必要があります。
賃貸物件情報に、ペット可物件と書いてあっても、小型犬のみ可で大型犬は不可の可能性もあります。
部屋を決めてからでは遅いので、しっかりと確認するようにしましょう。
賃貸物件に住み始めてから、ペットを飼うということもあるかもしれません。
その場合でも、担当の人もしくは大家さんに確認しましょう。
ペットを飼うと、普通に暮らしているより部屋が傷んでしまう恐れがあります。
そのため、ほとんどの場合が敷金や礼金を通常より多く支払う契約になります。
このようなことを事前に知っておくことでトラブル回避することができるでしょう。

ペット可物件で飼育できるペット

賃貸物件で多いのがマンションやアパートだと思います。限られた空間では飼えるペットも限られてくるでしょう。
犬は、ペットとしても飼いやすく愛らしくて人気があります。しかし、大きな犬だとマンションやアパートは物足りない環境かもしれません。
運動量も必要なので散歩も必要になってきます。チワワやポメラニアンなどの小型犬は集合住宅でも比較的飼いやすいでしょう。
犬より、手がかからない猫は一人暮らしでも飼いやすい動物かもしれません。
マンションやアパートでは飼育が難しいペットが飼いたい人は、一戸建てタイプの賃貸物件を考えてみてはどうでしょうか。
数は比較的少ないですが、一戸建てタイプでもペット可物件はあります。一戸建てタイプだと庭をドッグランスペースにもできますし、鳴き声などそれほど気にしなくて良くなります。
ペットにストレスを与えないためにも、生活環境に合った賃貸物件を選んであげましょう。

ペット可物件はどのような条件のある賃貸物件なのか ページ上部へ戻る