部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多の賃貸物件で生活するなら退去時にも注意は必要

博多の賃貸物件で生活するなら退去時にも注意は必要

博多に、あるいは博多から引っ越しをする人には、どのような状況が考えられるでしょうか。
たとえば、大学進学のために、実家から博多の賃貸物件に引っ越す人もいるでしょう。
それは新社会人でも同様だと思います。
なかには、賃貸物件から賃貸物件へ移り住む人もいるのではないでしょうか。
賃貸物件では、契約時にさまざまな書類に目を通し、サインもたくさんします。
しかし、入居時は新しい環境での生活ばかりに気をとられる人がほとんどではないでしょうか。
実は、一番トラブルが多いのがその部屋を出るとき、つまり退去時だといわれています。
賃貸物件に住みなれている人なら、過去の経験を生かすことができるでしょう。
しかし、初めて賃貸物件で生活をし、初めて賃貸物件からの退去を経験する人もいるのです。
博多は住宅が多く、賃貸物件の数もたくさんあります。
博多で生活している人なら、このような問題にぶつかる人も少なくないでしょう。
賃貸物件を出るには、どのようなトラブルがあり、それを回避するにはどのような方法があるのか知っておくとよいでしょう。

■損をしない「退去予告」
賃貸物件で生活するなら、家賃を支払います。
家賃は、「住んでいる期間」あるいは「住んでいた期間」に対して支払うのなら納得がいくでしょう。
しかし、あることを怠ってしまうと、住んでいない期間であるにも関わらず、家賃の支払いが必要になる場合があるのです。
それが「退去予告」です。
入居時に契約した期間いっぱい住むなら、更新のタイミングで更新するかしないかを伝えるとよいでしょう。
しかし、契約期間が残っているうちに退去するなら、事前の退去予告が必要です。
それなら、いつまでの退去予告をするとよいのでしょうか。
それは入居時の契約書に、いつまでにどのような方法で伝えればよいのか、しっかり明示されているのです。
そこを見落としてしまい、退去予告が遅れてしまった場合は、退去後にも家賃の支払いが必要になる場合があります。
一般的には、1ヶ月前の退去予告をする必要があるといわれています。
1ヶ月前ならまだ余裕があるからと後回しにしておくと、新しい場所での準備に気をとられ忘れてしまう可能性もあるでしょう。
契約書を見ても難しい文章で書かれてあれば、その文言を理解することが難しいと感じる人もいると思います。
このようなトラブルを回避するためには、引っ越しをすることが決まった時点で大家さんや不動産会社に相談してみましょう。

このような問題に直面しないように注意できれば、新しい環境に向けて気持ちよくスタートできるのではないでしょうか。

【関連リンク】

博多の賃貸物件で生活するなら退去時にも注意は必要 ページ上部へ戻る