部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多の家賃が高い物件で生活するなら変動費を節約しよう

博多の家賃が高い物件で生活するなら変動費を節約しよう

博多賃貸物件で生活するのに気になることといえば、家賃があると思います。
家賃はその住宅に対しての賃料で、毎月支払うものです。
一般的に家賃の金額は、収入の3分の1以下におさえるとよいといわれています。
このように快適に生活するためには、収入と家賃のバランスを考えることが大切です。
しかし、少し無理をしてでもよいところに住みたいと考える人もいるでしょう。
ひとくちに「よいところ」といっても、それが指す意味はたくさんあると思います。
たとえば、新築のマンションがよいところだと考える人がいるでしょう。
また、博多駅前のような利便性の高いところこそ、よいところだと思う人もいるのではないでしょうか。
新築のマンションにしても、博多駅前の物件にしても、古い物件や駅から離れた場所にくらべると当然家賃は高くなります。
収入が多い人であれば、特に問題ないでしょう。
しかし、収入の少ない人であれば生活費のやりくりに問題が生じると思います。
博多にある高い家賃の物件で生活するなら、何かを削らなくてはなりません。
そこで大切なのが節約です。
家賃以外の生活費の中で節約できるものはなんなのか、そしてどのような方法があるのかいくつか紹介します。

■変動する生活費を節約しよう
ひとくくりに「生活費」といいますが、その項目はさまざまです。
家賃や生命保険料など、月々に支払う金額が固定されている費用を「固定費」といいます。
そして、食費や電気、ガス、水道などの水道光熱費のような、使用する量によって変動する費用を「変動費」といいます。
一般的に生活をしやすくするためには、固定費を最初に抑えることが大切だといわれています。
しかし先に挙げたように、よいところに住みたいと考えて家賃が高めのところを選んだなら、変動費の節約に取り組むことが大切です。
それでは、変動費の節約にはどのような方法があるでしょう。
水道光熱費の中から、ガス代を例に挙げてみましょう。
ガスには種類があり、都市ガスとプロパンガスの二つがあります。
それらを比較してみると、プロパンガスのほうが高くなります。
その差も、都市ガスの2倍以上といわれるほどです。
博多は、ガスの設備が都市ガスになっている物件がたくさんあります。
都市ガスの物件を選んでみると、変動費の節約につながるでしょう。
ガス代のほかにも、電気や水道など普段の生活に欠かせないものにかかる費用を抑える方法はたくさんあります。
家賃の高い物件で生活するには、変動費のバランスを考えて生活しましょう。

【関連リンク】

博多の家賃が高い物件で生活するなら変動費を節約しよう ページ上部へ戻る