部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多駅前の新築住宅を長持ちさせるなら湿気対策をしよう

博多駅前の新築住宅を長持ちさせるなら湿気対策をしよう

お部屋選びの条件のひとつに、新築か中古かがあると思います。
収入や生活スタイルに合わせてどちらを選ぶかが決まってくるでしょう。
博多は2011年の九州新幹線開業をきっかけに、まだまだ発展しています。
特に博多駅前周辺は、進歩し続けているのです。
そのことから、博多駅前周辺で生活する人も多く、マンションなどの新築物件が多く見られます。
新築のお部屋で生活するなら、その特徴を長持ちさせたいと考える人は少なくないと思います。
新築物件がもつ最大の特徴といえば、新しく清潔であるという点が挙げられます。
その特徴を長持ちさせる方法といえば、お掃除があるでしょう。
お掃除をこまめに行えば、いつまでも清潔な住居環境を保つことができます。
そして、新築物件を長持ちさせるためには、老朽化を防ぐことが大切です。
老朽化を進めてしまう原因にはどのようなことがあるのか知っておくと、新築物件を長持ちさせるためのヒントになるのではないでしょうか。

■湿気は住宅の大敵
住宅の老朽化を進める悪条件のひとつに、湿気があります。
湿気が住宅に及ぼす影響は大きく、湿気を放っておくと、サッシや畳、そして浴室やキッチンなどに結露が発生します。
結露の発生は、カビの繁殖を助け、壁や床などを腐らせ、住宅のゆがみに繋がります。
床下に結露が発生した場合は、シロアリの原因にもなるのです。
このことから、湿気は住宅にとって大敵であることがわかります。
それなら、湿気を取り除くにはどのような方法があるでしょか。
まずは、換気です。
湿気対策には、窓を開け住宅内に風を通すことが効果的です。
天気の良い日には窓を開けて、住宅内の湿気を逃がすように心がけましょう。
また、梅雨時は特に湿気対策が必要です。
雨天が続く梅雨の時期は、住宅の外も中も湿気でいっぱいです。
外が雨なら、窓を開けても室内の除湿に効果はありません。
そのような場合に効果的なのが、除湿機です。
除湿機とは、湿気を取り除く機能を持った家電製品です。
梅雨時は、外に洗濯物を干すことができず、部屋干しで対応する人も少なくないと思います。
洗濯物を部屋に干すことも、湿気の原因のひとつです。
室内の除湿以外にも、洗濯乾燥機能を持っているものがあります。

洗濯乾燥機能を使用すれば、洗濯物も早く乾き、湿気の防止にも効果的です。
湿気の対策には、除湿機を上手く活用してみましょう。
博多駅前周辺には、大型の家電量販店があります。
そこで除湿機を購入してみてはいかがでしょうか。

このように、湿気は住宅の老朽化に大きく影響するのです。
新築物件を長持ちさせる方法として、湿気対策には充分に注意することが大切です。

【関連リンク】

博多駅前の新築住宅を長持ちさせるなら湿気対策をしよう ページ上部へ戻る