部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 金利を抑えてお金を借りる為に使用目的にあったローンを見つける

金利を抑えてお金を借りる為に使用目的にあったローンを見つける

人生の中では大きな出費に迫られることがあります。マイホームを手に入れるときや、車の購入、結婚式など等さまざまな場面でお金が必要になります。
現金で一括払いに出来ればそれに越したことはありませんが、それが出来ない場合にはお金を借りることになります。
では、お金を借りるにはどうすればいいのでしょうか。

お金を借りる場合やっぱり気になるのは金利です。誰もが低い金利で借り入れをしたいと考えるものです。
金利が安くなるのは借り入れ目的が限定され、その目的専用に特化したローンの場合です。低い金利でお金を借りるには、お金の使い道が明確である必要があるということです。
使い道が明確な場合には返済計画が立てやすい為、貸す側の金融機関は安心してお金を貸せるのです。

さて、目的が住宅ローンや自動車ローンという大口の借り入れの場合、どこからお金を借りれば金利が低いのでしょうか。
一番金利が低い傾向にあるのは銀行です。ただし銀行の大口ローンは金利が低い代わりに、他のところよりも借りるのは大変です。
基本的には20歳以上で安定した収入があれば、申し込むことは誰にでも出来ます。でも、ローンの金額や種類により審査基準は同じではなく、審査に落ちることもあります。
提出する証明書類も様々必要で、審査にも時間がかかります。
そういった書類提出の煩雑さや審査の厳しさがあっても、大きな金額の場合は銀行からの借り入れがいいでしょう。
ちょっとした金利の違いでも、金額が大きくなればなるほど差が出てくるからです。

上記のような目的別ローンではなく、お金が必要になったという場合はどうすればいいのでしょうか。
例えば新生活を始めるときには、引越しや賃貸アパート賃貸マンションの契約などまとまったお金が必要になります。
そこまで大きな金額じゃないし専用ローンもない、そんな時には使用用途が自由なカードローンでお金を借りることができます。
カードローンには消費者金融系と銀行系の2種類があります。そのうち金利が安いのは銀行系です。
銀行系のカードローンでお金を借りるには、カードを作らなければなりません。銀行系のカードローンの場合は担保を取らないので、返済能力の有無の審査が重要視されます。
年収や勤続年数や安定した収入を得られる職業かなどが審査されます。
平日は仕事で忙しくて銀行に行くことが出来ない人でもネットで申し込みが出来ます。仕事を休まなくていいのもカードローンの利点の一つです。

お金を借りるには返済能力の有無が重要事項です。使用目的にあった金利の低いローンを探して、自分の返せる範囲内で計画的に借りるようにしましょう。

【関連リンク】

金利を抑えてお金を借りる為に使用目的にあったローンを見つける ページ上部へ戻る