部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 人気が高まっている一戸建て中古物件の利点と注意点

人気が高まっている一戸建て中古物件の利点と注意点

皆さんの中には、マイホームに憧れを抱いている方もいるのではないでしょうか。
今は賃貸に住んでいても、様々な点で自由度の高いマイホームを望む方は多いでしょう。
その中でも騒音等のトラブルが発生しにくい、一戸建ての需要は高いです。
しかし、一戸建てを新築するには多額の費用がかかります。住んでいる土地によっては断念せざるを得ない方もいるでしょう。
そのため、近年は一戸建て中古物件の人気が高まっています。
一戸建て中古物件の利点や注意点についてまとめました。

■費用を抑えることができる
一戸建て中古物件の持つ最大の利点は、新築に比べ費用を抑えることができる点です。
業者間との取引と違い、売主が個人である場合が多い中古物件では、物件価格に消費税がかかりません。
年数が経過している物件では、売値も安くなっている事が多いため、費用の節約につながります。
不動産を取得した時に支払わなければならない不動産所得税も、築年数によって軽減措置があるので、よく調べておきましょう。
様々な工夫をする事によって、物件を購入した後の生活への負担が軽くする事ができます。

■住む時の感覚がつかみやすい
賃貸物件を探すときは、契約前に物件の下見を行うのではないでしょうか。
賃貸情報で見たときは良い物件に思えていても、実際に行ってみると想像と違った、といった経験を持つ方もいると思います。
家の購入にも同じ事がいえます。
新築物件ですと、いくら条件の近い家の見学をしても、まだ建っていない建物なので想像が付きにくいです。
部屋の湿気や日当たりなどに不満が出てくる恐れもあります。
中古物件では、既に契約の対象となる建物が建っているため、イメージの食い違いが起こりにくくなります。
不動産業者を通せば、売主に質問をする事もできるため、契約前の不安も軽くなるのではないでしょうか。

■注意点
一戸建て中古物件で注意しなければならない点は、リフォームが必要となる場合がある点です。
中古物件は建造当時から年数が経過しているため、設備が古くなっている事が多いです。
中には広範囲のリフォームをしなければならない事もあるので、下見の際にしっかり概算を立てておきましょう。
壁や天井の日焼けも、程度によっては壁紙の張替え等が必要となってきます。
積み重なると結構な額となるため、注意しましょう。
しかし、リフォームを行う事によって自分の望む住宅へと近づけることができます。

賃貸に比べ自由度が高いので、今までよりも部屋づくりが楽しくなるのではないでしょうか。
一戸建て中古物件には注意点もありますが、新築に負けない利点もあります。
どちらを望むかは個々の判断によるので、双方のタイプについてよく調べた上で家の購入をしましょう。

【関連リンク】

人気が高まっている一戸建て中古物件の利点と注意点 ページ上部へ戻る