1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 引っ越しの際に気になる入居審査の内容とは
このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越しの際に気になる入居審査の内容とは

新生活に向けて引っ越しを考えていらっしゃる方も多くいるのではないでしょうか。
引っ越しする際には、新しいお部屋を探して新たに契約する必要があります。
引っ越ししたいと思って気に入ったお部屋を見つけてきても、必ずその部屋に住めるとは限りません。
賃貸物件を契約するためには、審査があるのです。
つまり、この賃貸物件に入居したいと申し込みをしても、入居審査に落ちてしまったらその賃貸物件を契約することができないのです。

審査の内容とは

審査を受けてみるまでは、審査に通るかどうか分かりません。
もし審査に落ちてしまっても、どのような理由で落とされたのかを教えてはもらえないのです。
しかしながら、審査の際には主にいくつかの項目を確認しています。
まずは、家賃に見合った支払能力があるかどうかで、安定した収入があることが好まれます。
一概にはいえませんが、収入が家賃の三倍程度あれば安心です。
また、契約の際には連帯保証人をつけるように求められることが一般的ですが、連帯保証人も同じように審査されます。
これらは、家賃滞納のリスクや、それに関連するトラブルをできる限り避けるためです。
収入面に関してもう一つポイントがあるようです。
それは、継続性の部分と言えます。
毎月の収入が多くても、勤続年数が短い場合やこれから就職するという場合には今後の家賃の支払い継続に不安を感じる大家さんもいるようです。
今のお仕事が1年未満だった場合、前のお仕事の内容なども聞かれる事もあります。
これから、就職する方の場合は内定通知提出や稀に採用担当者へ連絡しても良いかなど聞かれるケースもあるようです。

引っ越ししたら

無事審査に通り契約を済ませると、いよいよ引っ越しです。
最近の集合住宅では、自分の隣の部屋にどのような人が住んでいるかまったく知らないという人も多くいます。
それぞれに忙しい毎日を送っていますので、引っ越しの挨拶のタイミングもつかめないかもしれません。
入居して引っ越しの挨拶ができない場合でも、廊下などの共用部ですれ違ったらきちんとあいさつをしましょう。
必要以上に接点を持つ必要はありませんが、あいさつを交わすことで安心感が生まれ気持ちよく生活することができるでしょう。

審査と言うと少し大変な感じがするかと思いますが、大家さんが安心してお部屋を貸せるかの判断をしてもらう場です。
最近は書面で判断するケースが多くなっている為、以前よりも提出してもらう書類も増えてきているようです。
手間は掛かりますが、安心して貸して貰う為に必要な手続きと言えます。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

引っ越しの際に気になる入居審査の内容とは ページ上部へ戻る