部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 大阪で価格交渉をして中古物件を安く購入しよう

大阪で価格交渉をして中古物件を安く購入しよう

家やマンションを購入する時、新築で購入したいけど予算の問題があり中古で探す方もいるかと思います。
一般的に中古よりも新築の方が良いと思われがちですが、マンションならば中古のほうが価値のある物件もあります。
今回は大阪で中古物件を探す人のために中古物件の注意点や利点をご紹介します。

■中古物件とは
中古物件とは賃築後一年以上経過しているか、一度居住したことがある物件の事を言います。分譲の場合は所有者登記をされたかどうかでも判断するようです。
ですから例え築1年経たないうちでも人が住んだことのある物件は中古物件となります。このような築年数が新しいものは新築とあまり変わらず中古の中でも少し高めです。
逆に築年数が古いものだと物件価格が安くなります。広さや間取りなどによって変わる場合があります。
この中古物件には利点もありますが注意すべき点もあります。

【中古物件の注意点】
築年数が古い物件だとメンテナンスが必要なものもあります。
購入してすぐリフォームしなければいけないとなってしまったら新築を購入するのと変わらなくなってしまう場合もあります。
さらに目に見えない中の構造や耐震性がどのようになっているか分からないため不安もあります。

【中古物件の利点】
中古物件の一番の魅力はなんと言っても安さです。新築の物件よりも1〜3割は安くなります。
もう建てられているので中の様子を見ることもできるしご近所にはどのような人が住んでいるか確認することができます。
すぐに住む事ができるので早めに入居したい方にはお勧めです。

大阪の中古物件
大阪といえば人がみんな元気なイメージで食べ物だとたこ焼きやお好み焼きが有名ですね。
大阪府の県庁所在地は大阪市です。大阪の中古物件にはどのようなものがあるでしょうか。大阪市の物件を目安にまとめてみました。
まず大阪市の中古マンションは3LDKタイプが多くなっています。中古の戸建ては4LDKタイプの物件が多くなっています。
子育て世帯が多いためか部屋数の多い間取りがたくさんあります。
大阪市は大阪府の中でも人口が多く東京に次ぐ第二の都市と言われています。そのためベッドタウンも多く、静かに暮らしたい方にも良い環境です。
さらに中古物件は値切り交渉が可能です。大阪の人はかなり値切り上手な方が多いです。そして不動産屋さんも売りに出した物件が売れないと少しずつ値引きして行きます。
交渉次第では安く購入できます。中古物件の購入を考えている方は値切り術を身につけて安く手に入れてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】

大阪で価格交渉をして中古物件を安く購入しよう ページ上部へ戻る