部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 中古住宅購入時にかかる仲介手数料とさまざまな補助金制度

中古住宅購入時にかかる仲介手数料とさまざまな補助金制度

いつかは自分のマイホームを持ちたいと考えているかたもいると思います。
購入を考えているかたであれば、長く住む自分の城ですから吟味を重ねて中には何年もかけて探しているかたもいると思います。
中古住宅を探す際にインターネットを利用されるかたもいるでしょう。
インターネットだけでなく、情報雑誌やご希望の地域の不動産会社に相談されるかたもいるかと思います。
中古住宅購入にあたりさまざまな不安や疑問を抱いてる方もたくさんいると思います。
一般的に、新築住宅のほうが新しくきれいで設備も整っており購入の判断として選ばれがちです。
しかし中古住宅はさまざまなメリットがあるということで注目を集めています。

■中古住宅のメリット
まず第一に挙げられるのは、新築物件よりも価格が割安であることが上げられます。
新築物件と同様の広さや間取りである場合、広さに対する価格が安めに設定されています。
要するに、新築物件と同じ広さで価格は安いのです。
コストが抑えられている分ほかのこと、たとえば自分の好みにリフォームしたり、家具をそろえてみたりできます。
第二に、中古住宅のほうが物件数が多いのです。
物件数の多さは予算や希望、条件などにあてはまる枠が大きくなり選択肢の幅が広がります。
個人個人、条件や希望などこだわりたい部分も物件数の多さで比較や検討がしやすくなります。
第三に、物件を自分の目で見て確かめることができるということです。
実物を見ることにより購入後の実際の生活のイメージがしやすくなります。
また物件周辺の生活環境や近隣の雰囲気なども知ることもできます。
中古住宅のこのようなメリットが人気を集める理由となっているようです。

■中古住宅購入時に必要な仲介手数料と補助金制度
不動産会社など、仲介業者を通して住宅を探してもらって購入する際には手数料を支払います。
この手数料を仲介手数料といいます。
中古戸建てや中古マンションなどの中古住宅を購入する際は物件を仲介してもらう必要があります。
その仲介してもらったときに発生するのが仲介手数料となるのです。
不動産業者によっても違いはありますが、契約時または物件を引き渡すときに支払うこととなります。
売買価格によって支払う金額も変わってきますので不動産会社との確認は必須となります。
また中古住宅購入の際には、さまざまな減税や補助金制度を利用することが可能です。
新築住宅購入と同様に優遇制度を利用できたり、リフォーム費用の軽減も可能な場合がありますので不動産会社と相談してみてください。

【関連リンク】

中古住宅購入時にかかる仲介手数料とさまざまな補助金制度 ページ上部へ戻る