1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 新築中古一戸建ての利点と注意点を考えてみよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

新築中古一戸建ての利点と注意点を考えてみよう

今は賃貸に住んでいても、将来はマイホーム購入を考えている方は多いでしょう。
マイホームの中でも、広い庭を付けやすく外観の自由度が高い一戸建てには根強い人気があります。
一戸建ての購入を検討したとき、まず始めに決めなければならないのは、新築にするか中古にするかといった点ではないでしょうか。
よく比較される二つですが、それぞれに利点や注意点があります。
新築中古一戸建てのどちらがいいかは、人によって意見が変わるためよく調べておきましょう。

新築一戸建てのメリット

新築のメリットとしては、以下の事が挙げられます。

自由度が中古物件より高い○希望の設備を整えやすい○使用感が無い

まず、自分の好きな家を一から建てる事ができるのが新築の利点です。
業者と一から相談して内装や間取りを決めることができるので、自由な家づくりをする事ができます。
音楽を趣味としている方に防音室を設置したり、ワインの収集を趣味としている方に地下室を作ったりと、趣味の空間を作れます。
あらかじめ子供部屋を作っておく等、家族設計にも合わせやすいです。
また、設備を埋め込む事が出来るのも新築ならではです。
対面式のシステムキッチン等の改装が難しい設備を整えることができます。
一つの家に和室と洋室を好きに備えることも出来るため、家族全員の意向を汲みやすいのではないでしょうか。
他には、中古と違い誰も住んだことの無い家という事もメリットでしょう。
中古物件では、どうしても壁紙の色あせや細かなキズが生まれます。新築物件では、出来上がったときから自分達で住むことが出来るため、他人の空気を感じずに生活することができます。
ただし、日照条件や湿気といった細かな環境が分かりづらい点や、費用が高くなる点に注意が必要です。

中古一戸建てのメリット

中古一戸建てのメリットには、以下のような物があります。

費用を抑えることが出来る○人気の立地に住むことが出来る○住んだ時の感覚がつかみやすい

まず、費用を抑えられる点が中古一戸建てのメリットです。
物件価格の安さに加え、中古一戸建てでは消費税が発生しないため、費用を大幅に抑えることができます。
また、駅に近かったり、日当たりが良かったりする物件は人気があるため人が住んでいる事が多いです。

不動産業者に相談している内に、良い立地に建ててある物件を見つけることができるかもしれません。
また、下見の際に内部環境をつかみやすい点もメリットの一つです。イメージの齟齬が生まれるのを防ぐことができます。
しかし、物件の築年数によっては大幅なリフォームが必要となる場合があります。
よく注意して下見をしましょう。

新築と中古には、どちらも優れた点があります。自分に合ったものをよく考えた上で、新築中古一戸建てを選びましょう。

新築中古一戸建ての利点と注意点を考えてみよう ページ上部へ戻る