部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 用途に合わせて店舗賃貸物件の立地を決めよう

用途に合わせて店舗賃貸物件の立地を決めよう

自分のやりたい事を仕事にでき、定年という概念がないため、起業には一定の需要があります。
中には、これから開業を考えている方もいるのではないでしょうか。
開業のためには、まず場所の確保が必要です。自宅開業という手段もありますが、一戸建てでない場合は注意が必要です。
アパートマンションといった賃貸では、看板を出すことが出来ません。人の出入りも多くなるため、住人とのトラブルに発展する恐れもあります。
一戸建てでも、住宅街では業種の制限も厳しく、人通りも少ないため口コミで広まるまでが大変です。
起業を考えている方は、まず店舗賃貸物件を借りてみてはいかがでしょうか。
店舗賃貸物件は、テナントと呼ばれることが多いです。
おおまかに用途が定められており、規模によっては用途変更手続きが必要となる場合もあります。
業務内容によって向いている立地も変わってくるので、その物件がどのような用途に使われるのか、どういった業務に向いているかを調べましょう。

■店舗と事務所
テナントは、店舗としての利用か事務所としての利用かに分けることができます。
物の販売、飲食物の提供、美容業などを行うテナントは、店舗としての利用となります。
物販店や飲食店は、立地が非常に重要となります。店舗周辺にはどの程度の人が集まるか、近くにライバル店があるかをよく調べた上で物件を決めましょう。
また、お店のコンセプトによって向いている立地も変わります。
高級店ならば高級感のある街を選択したり、落ち着いた雰囲気にしたいならば裏路地等の人通りの少ない所を選択したりすると、望みの客層が得られ易いです。
事務所としての利用ならば、訪れる方も自然と決まってくるので、店舗ほど立地にこだわる事はないでしょう。
しかし、周囲に飲食店やコンビニエンスストアがあると近くで食事が出来るので便利です。
来客が多いならば、分かり易い位置の店舗賃貸物件を選ぶと親切でしょう。

■用途変更とサービス店舗
先述の通り、テナントには用途が定められています。よく似た業種への変更はできますが、用途の変更が行われる場合は用途変更確認申請をしなければなりません。
ただし、規模100平方メートル以内の変更や、サービス店舗と呼ばれる物への変更の一部は申請が不要となっています。
サービス店舗とは、銀行の窓口や、旅行代理店、治療行為を行わないエステサロンなどが含まれます。
これらは事務所と同じ用途と扱われているため、事務所からサービス店舗への変更は申請の対象外となっています。

新規事業開始や起業時に大切な店舗賃貸物件となるので、立地なども充分考慮してみるのも大切です。

【関連リンク】

用途に合わせて店舗賃貸物件の立地を決めよう ページ上部へ戻る