部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 無職の人が家を借りるときの入居審査とはどのようなものなのか

無職の人が家を借りるときの入居審査とはどのようなものなのか

現在、仕事をしていない方が家を借りることは難しいとお考えの方が多いかと思います。
しかし、入居審査が通れば家を借りることは可能です。
仕事をしながら引越しの荷物を片付けるよりは、家を先に借りることを優先にして引越しを済ませておきたい方が多いのではないでしょうか。
では、求職活動をしている方、内定が決まった方が家を借りるにはどのようにしたら良いのかご紹介します。

■求職中、内定が決まっている時の入居審査とは
入居審査とは、賃貸契約をする前に不動産会社や大家(貸主)が借主に家を貸しても可能かどうか審査することです。

【求職者の入居審査とは】
求職中の方は、家を借りられるかどうか不安になる方が多いのではないでしょうか。
現在、職に就いてない方の審査基準は、連帯保証人が審査を通過する鍵となる事がほとんどです。
不動産会社や大家さんは、家賃の支払い能力があれば貸してくれます。
よって、家を借りる前に連帯保証人になってくれる人をきちんと決めておく必要があります。
ほとんどの方が、両親や兄弟に頼んで連帯保証人になってもらっています。
連帯保証人は、いざ借主が家賃を支払えなかった時に責任をもって代わりに払ってくれる人です。
貸す側からしてみれば、家賃滞納は何かとトラブルに繋がることもあるので避けたいものです。
そこで、連帯保証人となった方の審査をします。
連帯保証人の方には、必要な書類を用意してもらわなくてはなりません。
不動産会社によって違いはありますが、主に「保証人承諾書、印鑑証明、収入証明」が一般的とされています。
最近は少なくなりましたが、大家さんとの面談がある賃貸物件もあるようです。
いくら連帯保証人の収入が多くても、面談している時に借主本人が横暴な態度をとるなどしていたら、大家さんも不安になってしまいます。
借りる前に大家さんとの面談があった場合は、受け答えなどしっかり出来ると良い印象となるかもしれません。

【就職先が内定している人の入居審査とは】
就職先が内定して家を借りる時の審査とはどのようなものなのでしょうか。
勤め先が決まっていると、不動産会社や大家さんは家賃の支払う能力があると見なされます。
しかし、内定した会社から証明となる「内定通知書」を書いてもらう必要があります。
また、求職者同様に性格、人柄も審査の対象となりますので感じよく受け答えしましょう。

家を借りる際に、この他にも必要となる書類がいくつかあります。
各不動産会社に行って、確認して見ましょう。

【関連リンク】

無職の人が家を借りるときの入居審査とはどのようなものなのか ページ上部へ戻る