部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 中古マンション購入にかかる初期費用はどれくらい

中古マンション購入にかかる初期費用はどれくらい

マンションの購入を考えたとき、新築マンションと中古マンションのどちらを購入するか迷うのではないでしょうか。
迷った時の判断条件の一つに、そのマンションに一生住み続けるのかという点があります。
それは将来的に売却又は賃貸に出す可能性があるのであれば、中古マンションの方が有利だからです。
新築マンションでは自分が購入して中古になると物件価値が下がってしまいます。中古マンションならば、そのような新築と中古の物件価値の下落を考えなくてもいいのです。
また中古マンションは立地条件のいい物件を探しやすいという利点もあります。
このように利点のある中古マンションですが、新築マンション購入時の諸費用と同じではありません。
いざ中古マンションを購入しようと思っても、どれくらい初期費用が掛かるか分からないのではないでしょうか。そこで中古マンションの購入にかかる初期費用を調べてみました。

■物件購入にかかる諸費用

【仲介手数料】物件を不動産会社などの仲介会社を通じて売買契約が成立したときに支払う手数料です。

【登記費用と登録免許税】登録を行うときにかかる税金です。不動産登記をする場合、司法書士に報酬を払って依頼します。

【住宅ローン抵当権設定登記】不動産を購入する際に銀行などから借り入れをした場合に必要になります。

【契約書貼付と収入印紙代】住宅の売買契約を交わす際の契約書にかかる税金です。

【固定資産税等分担金】固定資産に課税される地方税です。購入する時期で日割り計算をするので、売主と買主の税負担が変わります。

【不動産取得税】不動産を取得した時に、地方税法に基づき不動産の取得に対して課され、取得時に一度だけ納める都府県税です。

■住宅ローンにかかる諸費用

【住宅ローン事務手数料】住宅ローンを利用する場合の、金融機関に支払う事務手数料です。

【火災保険料】住宅ローンを利用する場合には、借入期間中に建物に火災保険をかけなければなりません。

■その他諸費用
建物に対する消費税やリフォーム等の費用、その他にも引越し費用や家具や家電などの家財道具の購入費もかかります。

このように中古マンション購入の際には、実に様々な初期費用がかかります。正確な金額はキチンと計算しなければ出せません。
おおまかな目安としては、一般的にリフォーム代金を除いて購入価格の1割前後と言われています。リフォーム費用は物件の状態で大きく違ってくるので一概には言えません。
また、購入したい中古マンションの価格帯と借入金額の目安が決まっている。こういう場合には、インターネットで初期費用の概算シミュレーション出来るサイトの利用を利用するのもいいでしょう。
考えていたよりも初期費用がかかると思う人も多いでしょう。高い買い物なので、無理をせず焦らずにじっくりと購入を決めるようにしましょう。

【関連リンク】

中古マンション購入にかかる初期費用はどれくらい ページ上部へ戻る