部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 北海道などの寒冷地域でもオール電化は有効です

北海道などの寒冷地域でもオール電化は有効です

オール電化とは、暖房や厨房、また給湯などの熱源をすべて電気で賄うことです。
そして、そのスタイルを取り入れた住宅がオール電化住宅といわれるものです。

オール電化のメリット
住宅にオール電化を取り入れると、光熱費をコストダウンすることが可能と言われています。
給湯器などのガスによる熱源を建物に引き込まないので、基本料金を一本化することができるのです。
また、新築の住宅でガスの廃刊や、ガス漏れ報知器などの安全装置を設置する必要もなくなります。
オール電化の場合は、キッチンコンロもIHクッキングヒーターになります。
炎が出ないので、衣類への着火事故のリスクも減らすことができます。
しかし、火を使わないというのは確かですが、大きな熱で調理しますので異常に過熱すれば発火する危険性はありますので、その点は注意が必要でしょう。
そして、二酸化炭素の発生を抑えることができるので、空気はクリーンな状態が保たれるでしょう。

北海道での暮らしとは
日本の中でも寒い地域として知られている北海道では、冬場に灯油を燃料として利用しているケースが多いです。
エアコンよりもストーブやファンヒーターの方が普及していることが背景にあるようです。
北海道は、年間を通しても一年の半分以上はストーブが必要とされる低気温であることも知られています。

北海道の暮らしにオール電化を取り入れる
北海道にお住まいの方がこれからオール電化にするには、今火を使っているキッチンと給湯を電気に変えるだけです。
キッチンの料理器具と湯沸かし器、またストーブにかかる灯油などをすべて電気で賄えるオール電化はコストの削減にたいへん有効であると言えます。
そして、火を使わないという便利さや安心感は、生活していくうえでも快適さにつながることでしょう。
火元がないので、子どもさんを一人で留守番させるような場合でも安心です。
また、オール電化を取り入れていることで火災保険でも割引が適用される場合もあります。

オール電化のデメリットは
IHクッキングヒーターは機種によって大火力を発揮しますが、ほとんどはガスに比べて火力が弱いものとなっています。
頻繁に中華料理を調理するという方は、充分に満足というわけにはいかないかもしれません。

オール電化を取り入れるということは、その後の生活にも深く関わってきます。北海道など寒い地域の方は冬場の生活を最優先することも必要です。
長い目でみて生活スタイルを考慮しながら選択することが大切なのではないでしょうか。

【関連リンク】

北海道などの寒冷地域でもオール電化は有効です ページ上部へ戻る