部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 家族と楽しく過ごすための中古住宅の探し方

家族と楽しく過ごすための中古住宅の探し方

賃貸物件を借りていて、住宅購入を家族と考えた時に探し方がよくわからないという方がいるのではないでしょうか。
新築住宅は、高くて手が出せないとお考えの方には「中古住宅」を探してみてはどうでしょう。
特に新築に拘らなくてもいい方は、中古住宅を購入してリフォームするのもいいかもしれません。

■中古住宅の探し方
インターネットをご利用の方は、いろいろな不動産会社の中古住宅情報があるので見てみましょう。
どういった住宅が良いのか、まだ決まってない方でも見ているうちにご自分の中で考えがまとまってきたりします。
購入したいと感じた住宅は、ブックマークをするかメモ、または印刷をして記録を残しておいた方が良いでしょう。
なぜなら、後でご家族と相談できるからです。
また、ご自分の住み慣れた地域の中古物件を探しているのなら、中古住宅情報が載っている情報誌を購入するのもいいかもしれません。
不動産会社の見比べをするのに、一目瞭然でわかりやすいからです。

■見た目重視は危険
パッと見で中古住宅を決めるのは危険なので慎重に決めましょう。
大体の方が外観、広さ、価格に気を囚われがちです。
時間に余裕があるなら、一級建築士に診断してもらうと良いでしょう。
素人にはわからないところが故障や破損をしていて、修理が必要になるという事も考えられるからです。
予定外の出費を抑えるためにも、プロの方に見てもらうと安心ではないでしょうか。

■周辺の環境を知る
不動産会社や売主は売りたいがために都合の良い情報しか教えてくれない可能性もあります。
ご自分の目で周りの環境を調べたほうが良いでしょう。
近所には、医療機関、スーパーマーケットや美容院、商業施設があるかなどといった利便性。
夜の雰囲気や治安が良いのか知ったほうが家族のためにじっくり調べましょう。

■インターネットで調べた方がわかりやすい情報
インターネットを活用して情報収集をしましょう。
最寄りの駅やバス停が何処にあるのか知るには、インターネットが大変便利です。
そして、土地の地盤の強さを調べましょう。
インターネットサイトで、地域別にハザードマップが掲載されている地域があります。

雨の日の洪水、土砂災害、高潮などの恐れがある地域がわかりやすく掲載されているので確認してみましょう。

中古住宅は決して、安い買い物ではありません。
探し方がわからないと思っていた方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。
ご自分の家と家族を一生大事にしていくためにも、慎重に探すことが大事かもしれません。

【関連リンク】

家族と楽しく過ごすための中古住宅の探し方 ページ上部へ戻る