部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしをする人のお部屋探しのポイント

一人暮らしをする人のお部屋探しのポイント

一人暮らしをすることが決まったらお部屋探しをしなければいけません。
1月から3月は進学や就職の為引越しをされる方が多いです。一人暮らしをする方も中にはいるでしょう。
お部屋探しをする際、女性の場合は特に気をつけなければいけません。
そんな初めて一人暮らしをする方にお部屋探しのポイントをご紹介します。

■お部屋探しのポイント
引越しが決まったらすぐにお部屋探しをしましょう。今ではほとんどの人がインターネットや情報誌で探しています。
事前に情報収集をして何個か目星をつけましょう。自分の希望する間取りや家賃などの物件が見つかったら実際に見学に行ってみましょう。
お部屋の中や外観の写真がついていますが実際に見たらイメージと少し違ったということもあります。
また県外など遠くから来る人は1〜2日で物件探しをしたいという人もいます。そんな人も事前に何件か決めておき不動産会社に連絡しておくとよいでしょう。
段取りよく候補の物件を見学するため、物件の地図や行き方など調べておくと良いです。

■女性の一人暮らし
女性の方は男性と違って簡単に決めることはできません。
通学や通勤の時に通る場所が夜になるとどうなるか調べて、セキュリティがしっかりしている物件を選んだほうが良いです。
マンションですとオートロック、モニター付インターホン、防犯カメラなどが付いていますがアパートだとセキュリティに不安があります。
管理人が在住している所や女性限定アパートなどは安心できます。家に帰ったらすぐに鍵を閉めてチェーンもつける二重のロックをするようにしましょう。
何かおかしいなと感じたらすぐに警察や近くの友人に相談しましょう。

■初めての一人暮らし
今まで実家で暮らしてきた人は注意する人がいない一人暮らしの自由さに胸を膨らませている方も多いかと思います。
好きなものを食べても遅くまで起きていても怒られません。
しかしそんな楽しみにしている一人暮らしですが大変なことも多いのです。
実家で暮らしていたときは夜に帰ってもご飯が用意されていてお風呂も沸いていて暖かいです。しかし一人暮らしになると帰ってくると暗い部屋で散らかしたままの光景が出迎えます。
ご飯支度もお風呂掃除もどんなに疲れていてもすべて自分でやらなくてはいけません。
そして今まで何も払っていなかった生活費も自分のお金でやりくりしなければいけません。学生だと学校に通いながらアルバイトもしなくてはいけないのでとても大変かと思います。

このように一人暮らしは大変なことも多いです。お部屋探しをする際は自分が払える額の家賃の物件を探して生活しやすい環境の場所を選ぶことが大切です。

【関連リンク】

一人暮らしをする人のお部屋探しのポイント ページ上部へ戻る