1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 老人の一人暮らしでも安心できるまちづくり
このエントリーをはてなブックマークに追加

老人の一人暮らしでも安心できるまちづくり

高齢化社会が進む中、一人暮らしの老人は多くなってきています。
子どもの成長は親の楽しみですが、親元を離れて暮らす若い世代が増加している傾向にあります。
仕事の都合だったり、暮らす環境だったりと理由は様々考えられますが、老人の一人暮らしを防ぐ術はないものでしょうか。
一般的には、65歳以上が高齢者と呼ばれます。
しかし、現代の60代世代はとても若いことに驚かされます。
子育てが終わり、自分の楽しみを取り戻す時間でもありますので、趣味を持つなどの楽しみがそうさせるのでしょうか。
いくら元気だからといっても、身体は長い間生きているためどこか不調であることも。
こんな時、自分の頼れる人が側にいたら安心することができます。
一緒に暮らさなくても、近くにいるだけで安心感は違うと思います。

一人暮らしに安心できるアイテム

安心できるアイテムとして、老人の一人暮らしでは、高齢者向けの見守りサービスなどのアイテムがあります。
離れた場所で暮らす家族にとって、安否を確認することができる便利なアイテムです。
緊急時には、センターや家族に通報されるので、すぐに駆けつけることができ安否の確認をすることができます。
また、健康や生活に関しての相談などもできるため、一人暮らしでも割と安心した暮らしを送ることができます。
中には、ボタン一つ押すだけで対応してくれる24時間タイプのものもあります。
離れていて、気にならない人はいないでしょう。
そんな時に役立つアイテムです。

まち全体で高齢者を支える

地域によって、老人の一人暮らしを見守る形はそれぞれ異なります。
寝たきり予防と健康増進を目的として、食事と飲み物を届けることで安否確認をする地域もあります。
料金は、一部自己負担となりますが、残りを市が負担するというシステムです。
また、人との交流をなくさないために、デイケアサービスやグランドゴルフなど様々な交流の場を提供している地域もあります。
老人が一人暮らしをするのには理由があります。
家庭環境もそうですが、住みなれた地域で安心して暮らして生きたいという思いが強いことも理由の一つです。
だからこそ、地域全体で見守りや声かけをすることで、老人の生活を支えているのです。
体力の低下で生活が困難になった場合や介護が必要になった場合は、介護施設に入居することもできますが、やはりできることなら住みなれた家で暮らしたいと思っています。
ですから、ヘルパーや介護支援などを利用して、できるだけ環境をかえないで暮らしていけることが理想です。
少子化が進み高齢社会が進む今こそ、人との繋がりを育んでいける世の中になってほしいものです。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

老人の一人暮らしでも安心できるまちづくり ページ上部へ戻る