1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 1Kタイプの間取りに有効なインテリアとはどんなものか
このエントリーをはてなブックマークに追加

1Kタイプの間取りに有効なインテリアとはどんなものか

一人暮らしの部屋に比較的向いている間取りには、いくつかの種類があります。
それは、ワンルームタイプや1Kタイプ、また1DKタイプなどです。
初めて一人暮らしをする方なら、ほとんどの方がこのようなタイプの間取りを選択するのではないでしょうか。

1Kタイプとは

ワンルームタイプは、部屋とキッチンの間に仕切りがなく、一つの空間が部屋になっているものです。
全てが部屋のに中にありますので、玄関から室内全体が見える間取りです。
1Kタイプは、部屋とキッチンがドアで仕切られていて居住スペースとキッチンスペースが分けられています。
1つの部屋とキッチンを表して1Kタイプと呼ばれます。
また、賃貸物件の間取り図で1Kタイプと表記されていても、実際の間取りが違うことがあります。
室内にロールカーテンのような簡易なものを取り付けて仕切りと見立て、1Kタイプとしているようなケースです。
このような場合は1Kタイプではありませんので、覚えておくと良いでしょう。

1Kタイプに取り入れたいインテリアとは

1Kタイプの特徴として、キッチンが部屋とは別に独立していても狭いということがあります。
ですから、食事用のテーブルも必要以上に大きいものは、ただ部屋を狭くしてしまうだけになってしまいます。
また、部屋についても、ワンルームタイプと同じ様な感覚でインテリアを選ぶと良いでしょう。
ワンルームタイプや1Kタイプの部屋は、収納スペースが比較的少ないのでちょっと不便かもしれません。
なるべく収納するものを増やさないように心がけて生活することも大切でしょう。
ベッドを利用するという場合は、下の部分に収納できるタイプのものを選ぶと良いでしょう。
1Kタイプは部屋とキッチンが分かれているので、リビングとして利用する部分にソファを取り入れる方もいらっしゃいます。
ベッドとソファのどちらにも言えることですが、インテリアはロースタイルのものを選ぶことをおすすめします。
ロースタイルのインテリアは、ワンルームタイプや1Kタイプなどの部屋を広く見せる視覚効果が期待できるのです。

空きスペースを利用する

一人暮らしのスペースはある程度限られています。そこで、部屋の中で利用できるスペースは他にないのかというと、実はあるのです。
それは、部屋の壁です。部屋の壁はデットスペースとして見落とされがちです。
1Kタイプの間取りは、壁にフックを取り付けるだけでキッチン小物を有効に収納できます。
インテリアだけでなく、物を飾る感覚であえて見せる収納スペースにするのも楽しいかもしれません。

1Kタイプの間取りに有効なインテリアとはどんなものか ページ上部へ戻る