1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らしでは無職になったときのために貯金をしましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしでは無職になったときのために貯金をしましょう

一人暮らしには、生活のためにかかる費用を稼ぐ必要があります。そのためには働いて収入を得なければなりません。
今の日本は、昔のような正規雇用や終身雇用制度などの影が薄まりつつあります。
どんな仕事であっても、働いて収入を得るということは容易なことではありません。
今は職があってもこれから先無職になることだってあるかもしれないのです。

一人暮らしの生活費

一人暮らしをしていくには毎月支払う家賃のほかに、電気代やガス代などの光熱費も必要になります。
そして毎日の食事のための食費も必要です。
一人暮らしは節約しようと思っても、自分一人の収入だけでは限度があります。
一人暮らしの方の多くは賃貸アパートやマンションに住んでいます。
賃貸アパートやマンションは毎月の家賃が必要です。家賃は賃貸物件によって大きな違いがあります。
家賃は毎月の固定費のうちの一つです。
安い賃貸アパートやマンションなら、それだけ出費を抑えることが可能になります。
固定費も節約できるなら、季節によって変動する光熱費でも節約することは可能になります。
現代は、クールビズやウォームビスのように国を挙げて環境に配慮した省エネ対策も打ち出されています。
ちょっとした意識を変えることで、生活費を節約する効果もあるのではないでしょうか。

無職になってしまったら

一人暮らしを始めた当時は職に就いていても、あとになって無職になってしまうこともあるかもしれません。
そのときにできることとはどんなことなのでしょうか。
一人暮らしの場合、無職となって何よりも大事なのが家賃の支払いです。
家賃を滞納すればそこから退去を迫られることもあります。無職になってしまったうえに住む家を失ってしまっては大変です。
職に就いているときに、最低でも半年から1年分ぐらいの貯金をしておくことをおすすめします。さい
今の社会では誰にとっても先の見えない不安定な経済状態であることは火を見るより明らかです。
日頃から貯金をしておくことで物理的にもみ精神的にも自分の支えになります。
そして、すぐに失業保険の手続きを済ませましょう。
失業保険は失業日ではなく、申請した日から計算される仕組みになっています。
申請が遅れれば遅れるほど失業保険の支給開始日も遅れることになってしまいます。
また、退職の理由によっても給付期間の違いがあります。申請の前に退職理由をきちんと確認しましょう。
そのような場合は、家主の方にも正直に相談してみるのも良いでしょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

一人暮らしでは無職になったときのために貯金をしましょう ページ上部へ戻る