1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. ペットを飼うために必要な賃貸物件の選び方(東京編)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットを飼うために必要な賃貸物件の選び方(東京編)

東京で引越しを考えたとき、新しい環境の変化でストレスに感じたり、少し寂しいと感じたりする人も少なくないと思います。
ペットと一緒に暮らしていくのはどうでしょうか。
ペットが居ると、心が和み、お世話やしつけをすることによって、飼い主としての責任感も芽生えてきて、ペット一緒に成長ができ喜びを得ることができるのではないでしょうか。
すでにペットを飼っている人、これから買いたいと思っている人には、どのような賃貸物件が良いのかみていきましょう。

ペットを飼うために必要な賃貸物件選び

ペットと一緒に住むためには、ペットのことを考えた賃貸物件を選ばなくてはなりません。
ペットと一緒に暮らして行くにはどんな設備や環境がいいのでしょうか。
たとえば、一般的な犬や猫と一緒に暮らす場合、それぞれの特性があります。
犬の場合は、大きな声で吠えるため防音がしっかりした所や、フローリングだと歩くときに滑ってしまうので、カーペットなどを敷く必要があります。
猫の場合は、爪を研ぐために壁を引っかいたり、障子などの戸があると破ったりするため、賃貸物件を探すときに気をつけなければならないことが、沢山あります。
最近はペットを飼うことがブームになっていているので、ペット共生型賃貸住宅や同居型賃貸住宅という賃貸物件ができました。
入居する人がペットを飼うことを前提としているので、隣人とのトラブルが少なく安心して暮らすことができます。
ペットと暮らすとにおいや音が気になりますが、消臭効果のある壁紙をしようしたり、防音がしっかりしていたり、音やにおいが気にならず過ごしやすいです。
歩きやすい床材や壁紙を引っかかりにくく傷がつきにくいものにしたり、運動が出来るように棚をつけたり、部屋を移動できるようにくぐり扉を設置しペットも生活しやすい空間作りになっています。
ペットは家族と考えている人も多いので、ペットも充実できるお部屋の環境があることは、良いことだと思います。

東京では制限された場所でしか散歩ができなく、公園でも犬を入れてはいけないところもあります。
ペット共生型賃貸住宅だと、ドッグランや犬も遊べる庭があるので、わざわざ遠くに散歩に行かなくてもよく、気軽に外に出て遊ぶことができます。
また、入居者みなさんがペットを飼っている人なので、飼い主同士でコミュニケーションがとれ、しつけのことや相談などの意見交換ができ、より良い暮らしができるようになるのではないでしょうか。
費用は色々な設備が整っているので、高くなりますが家族(ペット)と一緒に暮らせる喜びにはかえることができないのではないでしょうか。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

ペットを飼うために必要な賃貸物件の選び方(東京編) ページ上部へ戻る