1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. ワンルームで一人暮らしをするならインテリアを賢く選ぼう
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンルームで一人暮らしをするならインテリアを賢く選ぼう

初めて一人暮らしを始める方は、ワンルームの賃貸物件を選ぶ方が多いでしょう。
ワンルームの部屋は空間が限られているため、インテリアを多く置きすぎると手狭に感じられてしまいます。
しかし、特に女性の方は自分の部屋はおしゃれなインテリアを置いてコーディネートをしたいと思うでしょう。
そこで、今回は一人暮らしの女性がワンルームのお部屋を飾る際のポイントを紹介します。

テーマを決めたインテリア選び

インテリアは色々なジャンルのものを複数置いてしまうと、統一感がなく雑多な印象になってしまいます。
そこで、テーマを決めてインテリアを同系統のもので揃える方法があります。
ワンルームの部屋に置く収納家具は、背が低く明るい色合いのものを選ぶと空間が広く感じられます。
しかし、あえて茶系や黒系のインテリアを中心に選ぶことによって、重厚感のある落ち着いた部屋を作り出すこともできます。
たとえば、ローテーブルとソファ、キャビネットなどの収納家具を濃い色合いのものにすれば、存在感が増してカフェのような落ち着いた空間になります。
全てのインテリアを濃い色のものにしてしまうと、息苦しく感じるため調整が必要です。
カーテンやクッションを明るいベージュやホワイトにして、空気が重すぎないワンルームの部屋を作りましょう。

一人暮らし用の収納

一人暮らしの場合、テーブルやソファなどの家具は一人分のスペースで住むものを選ぶでしょう。
しかし、時には友人を呼びおしゃべりに花を咲かせる日もあるかもしれません。
そうした来客を想定した、インテリア選びもできます。
たとえば、伸縮式のローテーブルを用意すれば、普段はコンパクトに一人分の長さで使い、来客時に引き出して二人で使用することが可能です。
ほかにも、ベッドをソファベッドにするという方法があります。
収納場所のためにベッド下収納のあるものや、折り畳み式のベッドを買う選択肢もありますが、来客の多い方はソファベッドにすると良いでしょう。
ソファベッドであれば、二人以上座れる広さのものが多いため、わざわざ来客用に他の椅子を用意する必要がありません。
部屋の中の収納を減らしたい場合は、玄関の入り口に注目しましょう。
玄関のドアの上には、ブレーカーなどが無ければたいていスペースが空いていることが多いです。
その入り口の上にホームセンターなどで購入した板を金具で固定して、収納場所を増やすことが出来ます。
賃貸物件のため、釘などを使いたくない場合はつっぱり棚を利用すると良いでしょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

ワンルームで一人暮らしをするならインテリアを賢く選ぼう ページ上部へ戻る