1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らし向けのワンルームでも広く使えるインテリアのコツ
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らし向けのワンルームでも広く使えるインテリアのコツ

一人暮らしなどでお部屋が決まると、入居日が待ち遠しくてどんな部屋にしようかとインテリア雑貨に目が走ってしまいます。
一人暮らしをする方はワンルームを選ぶことが多く、ワンルームという限られた空間をどうレイアウトしようかと悩むところです。
ワンルームでも広さは様々で、置くと狭く見えるものや広く見えるものなどインテリア雑貨でお部屋の雰囲気はガラリと変わります。
自分だけの空間を自分だけのスタイルに模様替えをして、インテリアを楽しむことができるのも一人暮らしの魅力のひとつです。
一人暮らし向けのワンルームでも、快適に過ごせるインテリア配置と選び方のコツをまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ワンルームの狭い空間を広く見せるインテリア

ワンルームの中には収納が少ないものもあります。そのため、気に入ったものをどんどん買ってしまうと、お部屋がただの物置に見えてしまうこともあります。

クローゼットの付いている物件では、クローゼット内にラックなどを設置して洋服やアクセサリーなどの小物を収納し、部屋の空間を広く使うことができます。
では、クローゼットの無い物件の場合はどうすれば広い空間に見せることができるのでしょうか。
広い空間に見せるためには、収納力のあるインテリア雑貨でカバーしましょう。
洋服などのかさばる物を見せないためにおすすめなのが、収納付きのベッドがおすすめです。
引き出しの付いたタイプやマットレスが蓋のように開け閉めできるタイプがあり、自分の使いやすいものを選ぶと良いでしょう。
さらにお部屋を広く使いたい場合、テレビ台を置かないことがポイントになります。
低いテレビ台を置いてしまうとテレビの上の空間が非常に勿体無いのです。
その空間を収納のスペースにしてしまうことでお部屋を広く使うことができます。
そのためには「テレビ台」ではなく、シェルフや本棚などのラックをうまく使い、見やすい位置にテレビを置いてしまうだけで壁一面を収納スペースにすることができます。
こうして背の高い雑貨と低い雑貨をうまく使用すれば、お部屋を圧迫感無く広々と使うことができます。

自分の「好き」をインテリアに

色やテイストなど好みは人それぞれです。
そこで、一人暮らし向けのワンルームでも快適に過ごすためのインテリアのコツとしてはテイストを揃えることです。
色味やジャンルを揃えることで、見栄えも雰囲気も良くなります。
様々なジャンルがごちゃごちゃしているとそれだけでお部屋が狭く見えてしまうこともあるので注意しましょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

一人暮らし向けのワンルームでも広く使えるインテリアのコツ ページ上部へ戻る