1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 博多の梅雨の靴の湿気と臭い対策には食パンを使う
このエントリーをはてなブックマークに追加

博多の梅雨の靴の湿気と臭い対策には食パンを使う

ココがPoint!

福岡県は九州地方の北に位置していますが、緯度は関西と同じくらいです。
冬の気候は比較的暖かい地域の中に入り、夏は暑さの厳しい高温多湿の地域の中に入るのではないでしょうか。
福岡県の年間の雨量は台風の通り道にあるために多い地域の中に入るでしょう。
福岡県の中の博多はどうでしょう。博多も同様高温多湿の気候で、梅雨のころから、秋までは雨に降られることも多いのではないでしょうか。
雨の予測がついているときには傘を持ったり、濡れても構わない靴を履いて出かけたりなど対策は取ることができるかと思います。
朝には晴れていたのに突然の雨に降られ濡れた経験はありませんか。その靴や傘を玄関先に放置しているようなことはありませんか。
帰宅したときの玄関は、梅雨の時期は特にジメジメした空気に嫌な臭いを感じることもあるのではないでしょうか。
玄関先の濡れた靴や傘が臭いの元になっている可能性が多いにあります。

玄関の臭い対策

玄関に濡れた靴や傘を放置しておくと、玄関に落ちた水滴が湿気と臭いの原因、傘や靴の劣化にもつながります。
締めっきりの玄関に湿気を残さないことが大事ですから、傘の水気をふき取って乾かし、靴も乾かすのが大事です。
雨に濡れなくても、一日履いた靴には湿気がこもっていますから湿気の対策をすることで臭いもなくなるしょう。
靴の湿気対策は自宅にあるものを活用することができます。
一番簡単にできるのが、新聞紙を丸めて入れることですが、臭いの消臭には不足なようです。
梅雨の時期、食パンにカビが発生して処分した経験はありませんか。
捨てる前の食パンにもうもう一働きしてもらい、靴の湿気と臭いを軽減することができます。
食パンを黒くなるまでトースターで焼き、焼いた食パンを布の袋に入れ靴の中に入れましょう。
活性炭と似たような効果が期待できるので、消臭効果も期待でき、新聞と合わせて使うとより効果的です。
毎日コーヒーを飲む方は、飲み終わった後のコーヒーかすを天日乾燥させておき、小袋に入れて靴の中に入れたり、下駄箱の中に入れたりしておくと湿気と臭いも取ってくれます。

博多の高温多湿の気候では臭いが発生することも多いでしょう。
コーヒーの香りが嫌いと言う人はあまりいませんし、毎日生ごみに捨てていたものを活用できるので臭いが消えた新しいものに変えるのも簡単です。
時には、博多のコーヒー専門店でおいしいコーヒー豆を購入しておいしくいただいた後には靴の消臭に活用しましょう。
突然の雨が多い博多でも、靴が濡れても心配なく仕事ができるでしょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

博多の梅雨の靴の湿気と臭い対策には食パンを使う ページ上部へ戻る