1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 博多での賃貸生活でフローリングに傷をつけない工夫とは
このエントリーをはてなブックマークに追加

博多での賃貸生活でフローリングに傷をつけない工夫とは

マンションやアパート、一戸建てなど、建物にはさまざまな種類があります。
そしてそれらの建物は形や間取り、タイプなどもいくつも種類があるのです。
日本の住宅というと、昔は和室タイプのお部屋が多くあったと思います。
和室タイプとは、畳敷きで収納は押入れになっている、日本家屋のことです。
しかし、現在の日本の住宅は洋室タイプの住宅が大変多くなっています。
洋室タイプといえば、床がフローリングで収納がクローゼットになっているという特徴があります。
洋室タイプのお部屋で暮らす際に気になることといえば、フローリングの傷なのではないでしょうか。

福岡県福岡市にある博多区には、マンションやアパートなどの賃貸物件がたくさんあります。
それらの物件を見てみると、洋室タイプのお部屋が特に多いことがわかります。
賃貸物件の所有者は、あくまでも大家さんです。
契約者は、退去する際、生活をしていくなかでできた傷や破損を直さなくてはなりません。
フローリングの傷も、程度が酷いものであれば、退去時に修繕費を負担しなくてはならない場合があるのです。
それなら、博多の賃貸マンションや賃貸アパートなどで暮らす人の中にも、フローリングの傷を気にしている人は多いのではないでしょうか。
フローリングに傷をつけないようにするためには、どのような対策があるのでしょうか。

傷をつけない工夫とは

そもそもフローリングの傷とは、どのような場合についてしまうのでしょうか。
たとえば、ダイニングテーブルを使用しているなら、合わせて椅子も使うでしょう。
その場合、椅子を引いたり押したりすると、フローリングに傷がついてしまう可能性があるのです。
それを防ぐために、最適なのが椅子の足に付けるカバーです。
椅子の足専用のカバーは、フローリングの傷対策のためのアイデアグッズとして、100円ショップで売られています。
博多には、博多駅の近くに西日本最大級の規模を誇る、品揃えが豊富な100円ショップが存在します。
そちらのお店で購入すれば、椅子によるフローリングの傷の心配もありません。
また、現在ではフローリングの素材そのものに傷のつきにくい加工がされているものもあります。
新しい賃貸物件なら、そのようなお部屋を見つけることもできるでしょう。
マンシャンやアパートで洋室タイプの賃貸物件が豊富な博多なら、数ある物件の中から傷のつきにくいフローリングが使われている物件を探してみるとよいでしょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

博多での賃貸生活でフローリングに傷をつけない工夫とは ページ上部へ戻る