1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 無職で一人暮らしの方の節約生活方法をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

無職で一人暮らしの方の節約生活方法をご紹介

賃貸物件を借りている方にとって、急に仕事を辞めて無職になってしまった場合に生活のことが不安になることでしょう。
しかも、それが一人暮らしの場合はなおさら収入がないので大変なのではないでしょうか。
月々の支払いがあることを考えると、どうやって生活をしたら良いのか悩むことでしょう。
無職の方が一人暮らしをしている場合、求職中の期間どのように過ごしたらいいのか、少しでも生活費を削るためにはどのような生活をしたらいいのかご紹介します。

無職の方の求職期間中にできる節約方法

無職で一人暮らしとなると、ご自分だけの収入が頼りだったので就職活動をしているかと思います。
その就職活動の期間に、生活費を少しでも節約する努力をしましょう。

【早寝早起き】
昔から、早寝早起きは三文の徳と言われてきました。
早寝することによって、電気代が節約できます。
夜遅くまで起きて、午前中の遅い時間に目を覚まして生活するよりは無職でも規則正しい生活を心がけましょう。

【お風呂の水を再利用】
シャワーを使う日と入浴する日とあるかと思います。
シャワーの場合は、水を出しっぱなしにしないようにしましょう。
入浴する場合は、湯船のお湯を再利用すると良いでしょう。
お湯の再利用とは、追い炊き機能を使うことや洗濯のさいに残り湯を使用することです。
そして、一人暮らししていると仕事をしていた期間に疲れて掃除をさぼってしまうことがあります。
残り湯で、あまり気にしていなかった場所やエアコンのフィルターの掃除をしてみてはいかがでしょうか。
お部屋が綺麗になり、水道代の節約にもなりますし掃除をがんばってやったことで気分がスッキリするでしょう。

【自炊をしよう】
コンビニエンスストアは便利ですが、定価で売られている商品がほとんどです。
近隣のスーパーマーケットや野菜直売所、そしてディスカウントショップなどを利用して食費を抑えましょう。
スーパーマーケットで買い物をするさいに、店内にチラシが置いてあったり貼ってあったりします。
そのチラシをチェックして、必要であれば特売商品を買うのも良いのではないでしょうか。
また、各スーパーマーケットのタイムセールの時間をチェックしておくと安く購入できるかもしれません。

このように求職中で一人暮らしの方は、自分の生活のために最低限努力をすることで生活費を抑えることが可能です。
しかし、仕事はいつ決まるかは分からないので最終的には身内に頼ってみるのもいいかもしれません。
節約生活をしてみてはいかがでしょうか。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

無職で一人暮らしの方の節約生活方法をご紹介 ページ上部へ戻る