1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 無職の人は一人暮らしを諦めるしかないのでしょうか
このエントリーをはてなブックマークに追加

無職の人は一人暮らしを諦めるしかないのでしょうか

一人暮らしをする際、ほとんどの人がアパートやマンションなどの賃貸物件を選択するのではないでしょうか。
賃貸物件に入居するには通常、契約の前に入居審査に通ることが条件です。
入居審査は、入居者に家賃を支払うだけの収入があるかどうかが重要視されます。
働いていればある程度の収入は見込めますが、毎月支払う家賃に見合っていなければ入居審査に通ることは難しくなることがあります。
また、無職の場合はどんなに一人暮らしをしたくても、入居審査に通ることが難しい時もあります。
毎月の家賃を支払える資金を確保してから一人暮らしをするか、職につくかのどちらかが多いようです。
しかし、不況な時代にあっては、どちらもすぐに叶わないということもあるかもしれません。
無職の場合は、一人暮らしを諦めるしかないのでしょうか。

身内を契約者にする

無職の場合では、通常賃貸物件の契約者になることは難しいでしょう。
そのときは、収入のある身内を契約者と連帯保証人にするという方法があります。
賃貸物件において最も重視されるのは、家賃の支払い能力です。
連帯保証人を考慮して、しっかりとした収入があると判断されれば入居審査に通りやすくなります。
では、なんらかの理由で身内に連帯保証人を頼める人がいないという場合はどうすればよいのでしょう。
この場合は、保証業務を代行する専門の保証会社を利用すると良いです。
連帯保証人が立てられないということになれば、大家さんや不動産会社が保証会社の利用を勧めてきますので、相談してみましょう。

短期入居の賃貸物件を見つける

長期間の入居を前提としている通常の賃貸物件が難しいのであれば、短期間の入居ができる賃貸物件を選択するのもひとつです。
短期間の入居が出来る賃貸物件とは、ウィークリーマンションやマンスリーマンションなどのことです。
これらはレンタルマンションともいわれており、無職の人でも比較的利用しやすいシステムになっています。
まず、通常の賃貸物件に必要な敷金や礼金などの初期費用がほとんどの場合不要です。
また、多くのレンタルマンションでは入居審査を行なっていませんので、連帯保証人を立てることもなく手続きがしやすいのです。
無職であっても貯金がある人なら、借りられる期間だけ利用すれば良いのです。
このような物件の多くは、契約期間分の家賃をまとめて払うシステムをとっています。
今は無職であっても、仕事をする意思は捨てずに一人暮らしをして欲しいと思います。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

無職の人は一人暮らしを諦めるしかないのでしょうか ページ上部へ戻る