1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. はじめての一人暮らしはワンルームの賃貸物件から
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめての一人暮らしはワンルームの賃貸物件から

進学や就職をきっかけに、一人暮らしをする人は多いのではないでしょうか。
はじめての一人暮らしをする場合、多くの人が賃貸アパートやマンションを選択しています。
賃貸アパートマンションは物件数もかなり豊富なので、自分の希望に合うような場所を見つけることが可能です。
しかし、はじめての場合は、どんな賃貸物件が一人暮らしに向いているのかよく分からないという人もいるでしょう。
一人暮らし向けの賃貸物件の知識があれば、物件探しのときにも役立てることができます。
これから一人暮らしをはじめるという人に向けて、覚えておくと便利な知識をいくつかご紹介してみたいと思います。

間取りには種類があります

一人暮らし向けの賃貸物件の間取りには、いくつかの種類があります。
主なものは、ワンルームタイプと1Kタイプ、そして1DKタイプです。
ワンルームタイプとは、ひとつの空間にバスやキッチンがついているものです。室内には仕切りがないので、部屋全体に解放感があります。
次に1Kタイプですが、こちらはワンルームタイプと違ってキッチンと居室が仕切られています。
自炊をする人なら、お部屋に料理の匂いや湿気が移らない1Kタイプが良いかもしれません。
そして、1DKタイプはワンルームタイプや1Kタイプに比べてキッチンが広いことが多くなっています。
調理するスペースの他に、テーブルを配置できるぐらいの広さがあるのが一般的です。
食事するスペースと居室とをきっちり分けられるので、生活にメリハリをつけたい人にも向いています。
これらのほかにも、リビングをスペースがある1LDKタイプもあります。
1LDKタイプは一人暮らしだけでなく、二人で暮らすにも十分な広さのものが多いです。

はじめての一人暮らしはワンルームタイプから

はじめて一人暮らしをする人の多くは、最初にワンルームタイプから試すという場合も多いです。
それは、他の間取りに比べて家賃もリーズナブルであることと、生活しながらだんだんに自分に必要なものが分かってくることが理由です。
はじめに広い間取りを選んでしまうと、あとから引っ越したくなった時には持っている家具家電が新居に収まらないことも起こり得ます。
また、進学や就職をきっかけに一人暮らしを始める場合は収入が安定していないことも多いので、家賃が手頃な小さい間取りがおすすめです。
最初はコンパクトなワンルームタイプを選択して、だんだんと広いところに住み替えるのが賢い選択かもしれません。
同じワンルームタイプでも、広さは物件によって違いがありますので、その点はしっかり確認するようにしましょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

はじめての一人暮らしはワンルームの賃貸物件から ページ上部へ戻る