1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 学生の一人暮らしにどんな賃貸物件を選びますか
このエントリーをはてなブックマークに追加

学生の一人暮らしにどんな賃貸物件を選びますか

みなさんは、一人暮らしをするとしたら、どんな賃貸物件を選びたいと思うでしょうか。
生活するのに便利で家賃の安い物件が良いと考える人が多いかもしれません。
特に、学生であればほとんど収入がないわけですから、家賃はなるべく抑えたいと思うのではないでしょうか。
賃貸物件の家賃は、いろいろな条件によって変動します。
そのため、物件情報を調べるときは、周りの地域の家賃相場を合わせてチェックすると判断しやすくなります。
また、一人暮らしがはじめてという学生であれば、どんな賃貸物件を選べば良いのかよく分からないということもあるでしょう。
今回は、賃貸物件選びに参考になるような考え方を少しお話してみたいと思います。

学校との距離はどれぐらいか

学生であれば毎日の通学がしやすいように、なるべく学校に近くに賃貸物件を借りるのが良いのではないでしょうか。
一人暮らしをはじめた当初は、張り切って早起きすることができるでしょう。
しかし、だんだん生活が忙しくなってくると朝起きることが辛くなるケースも少なくありません。
そうなると、通学をするにもひと苦労です。
賃貸物件を検討するときは、学校が徒歩圏内にあるものを優先する方が良いでしょう。

間取りや設備を選ぶ

主に、学生に向いている賃貸物件の間取りは、ワンルームタイプか1Kタイプのものです。
このような間取りは広さもコンパクトですし、家賃がリーズナブルに設定されているのがほとんどです。
また、賃貸物件が同じ立地にあっても、どんな設備かによって家賃に違いがあります。
例えば、風呂とトイレが別々になっていたり、ロフトが付いていたりなどです。
ほとんどの学生ははじめ家賃を優先して、社会人になって収入を得られたら設備が充実している賃貸物件を選択しているようです。

ガスの種類

家賃や生活費をなるべく抑えたいと考える学生にとって、自炊は大きな意味があります。
いくら安く外食ができる飲食店が多いといっても、金額的には自炊の方が有利です。
最近は、テレビでも一食数十円で作れるレシピなどが頻繁に紹介されています。
一人暮らしがはじめての学生でも、少しずつメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。
自炊する場合、賃貸物件が都市ガスかプロパンガスかを確認することをおすすめします。
一般的には、都市ガスは安価ですがプロパンガスは地域や業者によって料金が異なり、中には高価なものもあります。
自炊の頻度なども考慮して、自分に合った賃貸物件を探してみましょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

学生の一人暮らしにどんな賃貸物件を選びますか ページ上部へ戻る