部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸・不動産TOP
  2. こだわりのお部屋探し
  3. バリアフリーの賃貸物件

バリアフリー 賃貸物件

最近の新築物件には、高齢者用、障害者用の住宅というわけではなくても、初めからバリアフリー仕様になっている賃貸物件が多く目立ちます。現状、特別バリアフリー設備が必要な状況にない人であっても、バリアフリー住宅に住むことによって大きなメリットを得られることをご存じでしょうか。

この記事では、老若男女問わず生活が便利になるバリアフリー物件の利点をお伝えします。

バリアフリー物件でかなう身体と心に優しい生活

すでに体が不自由な方だけでなく、子どものけが予防にもスムーズな動線が安全とストレスフリーな日常をもたらす

  • バリアフリー住宅といえば、車いす生活を余儀なくされている人や、足腰の弱いお年寄りでも安心して暮らせる、段差のない住宅のことですよね。高齢化が進む日本では、「親のために」「将来の自分たちのために」と、住宅をバリアフリーにリフォームする人たちが増えています。

    しかし、バリアフリー住宅は、単に段差がないだけではありません。階段や廊下を楽に歩けるよう手すりがついているのはもちろんのこと、自室からトイレへ、洗面所へ、そして台所へといった動作がよりスムーズに行えるよう、動線確保されています。普通の住宅よりも、全体的に生活しやすいようになっているのです。

    その生活のしやすさは、健康な人でも実感できるはずです。パッと見はわからなくても、いざ住んでみると「なんだか住み心地のいい家だな」と思えるようになるでしょう。
    とくにお子さんのいる家であれば、その効果は抜群といえます。家の段差でつまずいた、転んだ、などのけがが日常茶飯事な幼少期でも、安心して暮らせます。

    ただ、「段差をなくし、動線をスムーズにした」という意味でのバリアフリー住宅と、「車いす生活向けに全てを整えた」完全バリアフリー住宅とでは、住み心地がちょっと違うことに注意しましょう。
    車いすに座ったまま蛇口をひねることができる洗面台やキッチンは、健康な人にはやや使いづらく感じます。どのようなバリアフリー設備なのか、物件情報をよく確認することが重要です。

掃除がラク!家が広く感じる! バリアフリーは身体をいたわるだけじゃない

  • バリアフリーは、転倒しにくい、ぶつけにくいなど、身体をいたわるだけではありません。家の中に段差がなければ、お掃除が本当にラクなので、主婦にとっても、バリアフリー住宅はとても嬉しいものです。

    フラットなつくりなので若干ホコリは溜まりやすいものの、フローリングワイパーで一気に掃除が済んでしまうストレスのなさから、掃除回数はむしろ増えるでしょう。障害物が少ないので、ロボット掃除機でも効率的にお掃除できます。
    そしてプライスレスなのが、バリアフリー住宅に感じる部屋の広さです。家じゅうがフラットで、動線が広く取られているのですから、通常よりも広いと感じるのは当然のことですよね。

    住空間に流れるゆったりしたひとときを大事にしたいなら、今はまだ身体が健康でも、あえてバリアフリー物件を探してみるのがおすすめです。

賃貸のプロがお部屋探し!最短2ステップでかんたん! かんたんリクエスト 今すぐチェック

その他のこだわり条件

都道府県からバリアフリー物件を探す

バリアフリー 物件 ページ上部へ戻る