部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

角部屋 賃貸物件

角部屋物件の特徴としては、マンションの場合最も端の物件となる為、窓が複数付いているケースが多く、採光が多い物件になります。角部屋物件のメリットとしては前述したように採光面が多い為、日中は部屋の中が明るい、両隣りでなく方隣りになるのでプライバシーを保ちやすいという点があります。日中部屋にいる事が多い方や隣人付き合いが面倒だという方には向いている物件です。角部屋物件の探し方はやはり特徴、メリットを活かした採光面がどうなっているかが重要なポイントでしょう。しかし、一方で窓が多いという事は外気に影響を受けやすいという事ですので温度調節などがしっかり出来る物件を選びましょう。

角部屋物件で安全安心、光あふれる生活を

隣からの生活音が少ない角部屋はくつろげる空間玄関前を人が通らずストレスフリー

  • 物件を探しているとき、気になるのが防音性ですよね。素敵なお部屋に住めると思いきや、両隣の住民の生活音がいつもうるさくて、新生活が台なし…などというのは、あってはならないことです。
    でも、内見するだけでは残念ながら隣の生活音の実際まで確かめることは不可能です。その点、角部屋なら少なくとも片側からの生活音はなくなります。

    片隣に人がいないということは、自分の生活音も聞こえる可能性が低くなるということです。片側にだけ気をつけて、TVやAV機器など音が気になる家電は隣に部屋のない方へレイアウトすれば、安定してくつろげる空間を手に入れることができるでしょう。

    また、角部屋は賃貸物件でよく悩みのタネとなる「人が玄関のすぐ前を通過する」という事態もシャットアウトできます。一番奥まっている部屋なので、住民の通過地点にはなり得ないのです。同じ階層にたくさんの家族が住まう大型マンションなどではとくに、角部屋は貴重です。
    台所の窓を開けて料理をしていたら出かけていく人と目が合った、夜中に帰ってくる住民の足音で目が覚めた、といった経験のある人はいませんか。

    きっと角部屋を選べば、ストレスのない静かな環境に感動しますよ。プライベートを安易に人目にさらすことなく、夜もぐっすり眠れます。

開放感のある2方向窓は角部屋の特権日光を浴びれば生活満足度は高まる

  • 角部屋の魅力は窓にもあります。片隣に部屋がないため、窓面が増えるのです。両隣を部屋に挟まれていると、ドアに相対する面にしか窓をつけられませんが、角部屋であればもう一つ窓をつけられる面がプラスされます。2方向窓は、角部屋ならではの特権です。

    窓を2方向につけられると、採光面が増えるので一日中陽の当たるお部屋が実現します。例えば北向きのマンションは、北側に窓があるという意味なので、日当たりの面から敬遠されがちです。
    しかし、角部屋であれば、東側か西側にもう一つ窓があるということになります。とくに朝日を浴びられる東面が開けている角部屋なら北向きでも快適です。

    また、2方向窓は換気面でも有利です。窓が一つしかなければ、換気の際は玄関側の小窓を開けるか、換気扇を回しっぱなしにするしかありません。一方、2方向窓なら、両窓を開けるだけで気持ちの良い外気を取り入れることができます。こまめな換気は、カビや臭い対策など、お部屋を長持ちさせるためにも重要なことです。

    ただし、角部屋を選ぶときには、とくに内見の際に窓の外に注目しましょう。せっかく片隣がいなくても、すぐ隣にマンションなどが建っていると、住民から窓の内部が丸見えになってしまうことがあります。
    そのような状況ではせっかくの窓も締め切らざるを得ません。間取りだけではなく、周辺環境もしっかり確認することがポイントです。

賃貸のプロがお部屋探し!最短2ステップでかんたん! かんたんリクエスト 今すぐチェック

その他のこだわり条件

都道府県から角部屋物件を探す

角部屋物件 ページ上部へ戻る