部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

ゼロゼロ物件の落とし穴

本当にお得か
よく見極める

初期費用が抑えられるゼロゼロ物件はお得ではありますが、場合によっては損をしてしまうこともあり得ます。退去時にトラブルとなりがちなのが、部屋の修理代やクリーニング代の問題です。契約時に確認することが重要です。

ゼロゼロ物件って
何だか家賃が高い気がする

中には、そうした物件があることも否定できません。礼金は謝礼の意味合いが強いため、ゼロにすることができても、部屋を貸す側からすれば保証金的な性質の敷金はなかなかゼロにできないもの。なので、敷金がゼロでも、その分が家賃に上乗せされていることがあります。

例えば、家賃6万円で敷金2ヶ月の部屋を2年借りたら、12万円(敷金)+6万円×24ヶ月=156万円。同じ部屋が敷金ゼロの代わりに家賃7万円だとしたら、7万円×24万円=168万円。つまり、長く住めば住むほど損をしてしまう計算に。敷金は場合によって退去時に戻ってきますが、家賃に含まれているのであれば取り戻すことはできません。目先のお金にとらわれすぎると、思わぬ損をしてしまうこともあるので、借りる際にはよく吟味しましょう。

ゼロゼロ物件で初期費用は抑えられたけど
退去時に部屋の修理代やクリーニング代を請求された

敷金と礼金がゼロの物件は増えてきましたが、中には敷金はゼロだけど部屋の修理代やクリーニング代はかかるというものも見受けられます。この修理代とクリーニング代は最初から定額で決まっているものもあれば、そのときの状況に応じて決まるものもあります。これは決して入居者をダマしているわけではなく、修理代とクリーニング代は従来、敷金で充当していたので、敷金がゼロになれば新たに請求されるのは当たり前といえば当たり前。「先に取られるか、後に取られるかの違いだけで、全然お得じゃない」という声もあるかもしれませんが、初期費用が抑えられて引っ越しがしやすくなるというメリットに変わりはないでしょう。

ゼロゼロ物件を借りる際には、修理代やクリーニング代がどうなっているのかを必ず確認すべきです。入居するときに支払っておけば、退去するときにはお金はかからないのか、また入居中にどんなトラブルが起こったら追加で請求されるのか。こうした点を明確にしておかないと、退去時にトラブルを招くことにもなりかねません。疑問点があれば、契約時に臆せず何でも質問しましょう。アパマンショップでは、そんなみなさんの疑問にスタッフが丁寧に答えてくれます。

一人暮らしあるある

  • 誰もが経験するありがちなパターン 「ゼロゼロ物件」あるある

賃貸のプロがお部屋探し!最短2ステップでかんたん! かんたんリクエスト 今すぐチェック

ゼロゼロ物件の落とし穴 ページ上部へ戻る