中国のお部屋探し

  • 上海
  • 広州
  • 深セン

中国の基礎知識

世界一人口が多い経済大国!中国の基本情報

近年急激に成長を続ける中国。世界一人口の多い国として知られる中国について詳しく紹介します!

広い国土の中では気候も気温もさまざま

中国の気温中国の降水量

国土の広い中国では、同じ国内でも、熱帯、亜熱帯、赤道地帯、温帯、暖温帯、寒温帯という6種類の温度帯に分かれています。南北の温度差は大きく、特に9月から翌4月まではモンゴル高原やシベリアからの冷たく乾いた風が吹くため、西北部では1月の平均気温がマイナス30度を下回る地域もあります。
中国全土の平均降水量は年間で約630ミリですが、一番雨の多い南東部では平均で1500ミリ以上の雨が降ります。北に上がるごとに降水量は少なくなり、北西の盆地などでは20ミリ以下の所もあります。

伝統ある行事が年間を通して行われる

中国の長い歴史や文化を体感できるのが、各地で催されるさまざまなお祭りです。特に香港の「旧正月セレブレーション」では、春節を祝うための爆竹があちこちで鳴らされる中、賑やかなパレードやステージパフォーマンスを楽しむことができます。ビクトリアハーバーで打ち上げられる大規模な花火には、国内外から多くの観光客が集まります。
また、旧暦の5月5日端午節に行われる「ドラゴンボート・フェスティバル」や、2月の中旬頃から約1か月にわたって繰り広げられる「香港芸術祭」など、香港・マカオを中心に多彩なイベントが年間を通して開催されています。

「宗教」多種多様な思想・宗教に出会える国

広い国土の中に多くの民族が共生してきた中国では、仏教やキリスト教、イスラム教など、非常に多くの宗教が国民の中に根付いています。中国の長い歴史と伝統文化の中で独自の発展を遂げた宗教もあり、寺院などの宗教建築でも他の国では見られない特殊な建物や色彩を見ることができます。
中国国内には非常にたくさんの宗教が存在していますが、一部の少数民族以外に宗教儀式を重んじるものは少なく、外国人が特に気を付けるべき宗教上の制約などはありません。

通貨は人民元

中国の通貨は人民元です。中国の国内では「元」と呼ばれ、発音は「Kuai クァイ」です。補助通貨は角と分で、1元は10角、100分となっています。
中国国内に流通している紙幣は23種類、硬貨は10種類(2014年11月11日現在)で、紙幣のほとんどには毛沢東がデザインされています。
中国には日本の消費税のような、商品の売り買いに課せられる税金はありませんが、一部のホテルの宿泊料金にはサービス税や建設税などが上乗せされることがあります。

世界で一番人口が多い

中国全土の人口は約13億5000万人(2013年現在)で、世界で最も人口の多い国となっています。
人口の約90%が漢族で、その他の複数の少数民族が残りの人口を占めます。中国では国民のすべてを「中華民族」と規定しており、民族の違いはあっても一体であることを表しています。
中国国内の省ごとで、一番人口が多いのが広東省、次いで山東省となっています。広東省だけでも1億人以上の人々が暮らしており、日本の人口と肩を並べています。五千年の歴史があるといわれる中国には、約60の民族が広大な国土の中で共生しており、悠久の魅力が世界の人々を惹き付けています。