1. 賃貸・不動産TOP
  2. 滋賀 賃貸
  3. 近年の人口増加は「住みやすさ」が理由の滋賀県

近年の人口増加は「住みやすさ」が理由の滋賀県

全国へ戻る

滋賀県は、日本のほぼ真ん中に位置する県です。近畿地方の北東部にあり、県内は4つのエリア(湖南・湖東・湖北・湖西)で構成されています。賃貸物件数が多いのは県庁所在地の大津市を含む湖南エリアで、単身者からファミリー向けの間取りまでさまざまな住まいが揃っています。大阪・京都方面にも通勤圏内であるため、電車で30分から1時間ほどの場所で物件を探す人も多くみられます。

滋賀県は琵琶湖を有する地域で、広大な湖の上でカヌーやウィンドボードなどのレジャーを楽しめます。豊かな自然に恵まれながらも一年を通して穏やかな気候が続くため、住みやすさの面も魅力です。また台風や地震などの災害による影響を受けにくい内陸県であることも、滋賀県の住環境にメリットを増やしています。

多様な物件があり、京都へアクセスしやすい大津市

滋賀県の県庁所在地である大津市。大津市内は物件の種類が豊富で、単身者向けの1Kや1LDK、カップル向けの2Kや2LDK、ファミリー向けの3LDKなどの間取りが幅広く見つかります。
大津市の西側には京都市が隣接しているため、京都方面に通勤・通学する人たちのベッドタウンとしても知られています。病院や銀行などの生活に欠かせない施設も多数あるため、暮らしやすい場所に住まいを移したい方々に向いているエリアです。

1Kのアパート物件が数多く見つかる彦根市

彦根市は、琵琶湖に面している地域です。家賃相場は大津市と草津市に比べるとやや低く、月4万円前後で契約できる賃貸物件が目立ちます。彦根市内で働きたい人や隣接している市で働きたい人にとって住みやすいエリアであり、入居できる物件も1Kをはじめとした単身者向けアパートが豊富です。市内にはショッピングセンターもあるため、普段の買い物も市内で済ませることができます。

学生・単身者向けの物件が豊富な草津市

草津市内にはショッピングセンターをはじめアウトレットモールがあり、お買い物に便利な市でもあります。草津市は工業都市としても有名で、各企業や大学の事務所が多く集結する市です。1Kの物件が1000件以上あるため、単身のサラリーマンにおすすめの物件が集まっています。電車や車で通勤するかによって、物件選びのポイントやアクセスし易い場所が異なるため、自分の通勤スタイルに合わせて物件を選びましょう。

住み心地のいい都市として、近年人口が増えつつある滋賀県。新しい住居をお探しの方は、滋賀県内の魅力溢れる賃貸物件に注目してみてはいかがでしょうか。

近年の人口増加は「住みやすさ」が理由の滋賀県 ページ上部へ戻る