保証人不要 賃貸物件

賃貸のお部屋を借りる際必要となる可能性が高いのが連帯保証人。頼めるような近しい存在がいない場合の強い味方が「保証人不要物件」です。

Lesson 1

部屋は自分ひとりでは借りられない!?

借主に代わって責任を負う連帯保証人

部屋を借りるときには、自分ひとりでは借りられません。賃貸契約の際には「連帯保証人」が多くの場合必要となってきます。

連帯保証人とは、借主に何らかの事情があったとき、借主に代わって責任を負う人のことを指します。例えば、家賃が払えなくなったなど、大家にとってトラブルが起きたときに、連帯保証人が代わりに家賃を支払ったりするなどといった義務があるのです。大家にとっては赤の他人に部屋を貸すわけですから、当然リスクも伴います。そこでリスクヘッジとして、連帯保証人という制度があるのです。
連帯保証人には法的な拘束力があるために、軽々しく他人にお願いできるものではありませんし、ましてや気軽に連帯保証人になることを了承する人も少ないはず。そう考えると、連帯保証人になるのはやはり借主の「肉親」であるというのが妥当なところでしょう。実際、不動産会社でも連帯保証人は親族を勧められることが多く、借主の親や近い親等の親族などです。

もっと読む

「支払い能力があるのか」が重要な条件

とはいえ、肉親であれば、誰にでも連帯保証人を頼めるわけではありません。連帯保証人になるためには大事な条件があります。

それは、「支払い能力があるのか」ということです。借主が家賃を支払えなくなったときに、代わりに支払う能力がなければ、連帯保証人の意味がありません。
審査が厳しい不動産会社の場合には、借主だけでなく、連帯保証人の収入証明まで提示しなければならないこともあります。また、親が年金暮らしだと、連帯保証人として認められないケースだってあるのです。さらに、すでに両親が存命でなかったり、近しい親族がいなかったりするために、連帯保証人を頼めない場合もあります。
では、そうした人たちは部屋を借りることができないのでしょうか。もちろん、そんなことはありません。次のコーナーで、連帯保証人を立てなくても部屋を借りることができる仕組みを紹介します。

もっと読む

Lesson 2

保証人不要で簡単に部屋を借りられる!

第三者機関が保証を代行

両親に連帯保証人を頼みたくとも、すでに他界している。また存命しているけれど、年金暮らしであるために、支払い能力という不動産会社が求める条件を満たせない。

かといって、法的な義務が生じ負担を強いるため、兄弟や親族にも頼みづらい……。こうした理由で連帯保証人を立てなくても借りられるアパートやマンションを探す人も多いのですが、そうした物件は数が少ないのが一般的です。
そこで、最近では各不動産会社も保証人不要のサービスを提供しており、こうしたサービスを付帯した物件が増えています。単純に連帯保証人を立てなくても済む物件よりも、保証人不要サービスの物件を探すほうが現実的です。
大まかにいって保証人不要システムとは、不動産会社と入居者との間に第三者機関である保証会社が入り、入居者はそこに一定の保証料を払うことによって連帯保証人を立てなくてもいいという仕組み。保証料の金額や保証会社の審査基準、その他のサービスについては、不動産会社や保証会社によって違いがあります。

もっと読む

月々、家賃のわずか数%の保証料

一般的な保証人不要サービスは、不動産会社と保証会社が保証契約を結び、委託を受けた保証会社が契約者の審査を行い、借主から家賃と保証料を請求するというシステムです。

家賃と保証料の請求については、保証会社から委託を受けた信販会社などが行うケースもあります。
保証料は家賃の数%であることが一般的。月々の保証料とは別に、最初に数万円程度の事務手数料が必要なケースもあります。保証を行う機関は不動産会社の関連会社であったり、不動産会社が提携している大手の保証会社であったりすることが多いです。

もっと読む

かんたんリクエスト 条件を伝えるだけ! 今すぐチェック