1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 1Rや1Kを広く見せるインテリアコーディネート術
このエントリーをはてなブックマークに追加

1Rや1Kを広く見せるインテリアコーディネート術

1Rと1Kは、一人暮らしのお部屋の間取りの代表格です。
ちなみに、1Rとは、居室1部屋の中にキッチンがある間取りです。一方、1Kは、居室1部屋と独立したキッチンスペースがある間取りのことを言います。
この1Rや1Kに暮らす人が抱える大きな悩みのひとつに、部屋が狭いということが挙げられます。
しかし、1Rや1Kは、インテリア次第で空間がガラッと変わる、コーディネートのやりがいがある間取りです。
少しのテクニックを覚えておくことで、実際の空間よりも広く見せることも可能です。
特に、はじめて一人暮らしを始める時は、家具や家電を買い揃える人が多く、素敵なインテリアのお部屋を作るチャンスです。

1R・1Kを広く見せるための色

狭い空間にごちゃごちゃと沢山の色をおいてしまうと、統一感がなく、実際より物が多く見えてしまいます。
自分の好きな色を一つか二つに定め、同系色でまとめることによって、広々と見せることができます。
白などの明るい色を選ぶとより効果があります。
その他には、壁や床に近い色のインテリアを選ぶことも一つのテクニックです。
ラグは床の色に近いものを、壁際に置くソファは壁の色に近いものを選ぶことにより、インテリアが部屋になじみます。
また、濃い色は天井に近い場所より足元に配置した方が、圧迫感のない空間を造ることができます。

1R・1Kを広く見せるための家具の選び方と配置の仕方

1R・1Kのための家具選びのポイントは、コンパクトなものや背の低いものを選ぶことです。
部屋の奥まで見通せるほど、目の錯覚で広い空間に見えるためです。
背の高い家具をすでに持っている場合は手前側に配置します。背の低い家具を入り口から遠い位置に配置することで、広がりを持たせることができます。
家具の配置の基本は、壁際に置くことです。壁や床の見える面積を多くすることが重要です。

1R・1Kを広く見せるために大きな鏡や透け感のあるインテリアを使う

大きな窓のある部屋は、開放感があり部屋がより広く見えるものです。
大きな鏡は、そこに窓があるかのような視覚効果を発揮します。
お部屋の中ですっきりとした空間がつくれたら、その空間を鏡に映りこませることによって、一気に部屋に奥行きが感じられるようになります。
透明なガラスやプラスチックで作られたテーブルや椅子も、部屋を広く見せる効果のあるインテリアと言えます。
また、同じ背の高さのベッドやソファを選ぶなら、足の付いたものを選びます。
これらの家具は、床が見える面積が増えるので、広くなったように目が錯覚してくれるのです。

これらのテクニックを組み合わせてインテリアをコーディネートすることで、1Rや1Kでも居心地のよいお部屋を作ることが可能です。
狭いお部屋ほど効果がわかりやすいので、これから1Rや1Kのお部屋で一人暮らしをはじめる方は、ぜひこれらのテクニックを参考にしてみて下さい。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

1Rや1Kを広く見せるインテリアコーディネート術 ページ上部へ戻る