1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 女性のためのマンションでストレスフリーな生活
このエントリーをはてなブックマークに追加

女性のためのマンションでストレスフリーな生活

現代の女性は、家事や育児と仕事を両立させなければならず、より忙しくなっているといえます。
家事のしやすさなどで住まいを選ぶことで、女性の毎日のストレスを軽減することが出来ます。
そのような中、働く女性のためのマンションについて考える取り組みも始まっているようです。

女性のためのマンション「セキュリティでストレスフリー」

賃貸物件の中でも、防犯上等の観点から入居者を女性に限定した、一人暮らしの女性のためのマンションがあります。
女性のためのマンションというだけで、初めての一人暮らしの際には本人だけでなく家族も安心できるものです。
こういった物件の多くは、セキュリティが充実していたり管理人さんが常駐していたりします。
オートロックやモニター付きインターホン、防犯カメラ、ダブルロック等といった設備により、外部の人間はより侵入しにくくなっています。
セキュリティが重要なのは、一人暮らしの女性だけではありません。
ファミリー世帯であっても、女性が働きに出るようになった現代では、日中の長い時間家が留守になります。
家族の思い出や貴重品が多く詰まっている住まいを、留守中にもしっかりと守ってくれる防犯設備が必要です。
防犯に対するストレスが軽くなるだけで、出勤時や帰宅時の気分も変わり、仕事中にいらぬ心配をすることもなくなります。

女性のためのマンション「家事効率アップでストレスフリー」

仕事で忙しい女性は、毎日の家事をこなすのも大変です。
お部屋探しをする際は、家事をやりやすい間取りを選んで効率アップを図りましょう。
例えば、対面式キッチンと背面式キッチンの家事のやりやすさを考えるとそれぞれにメリットでデメリットがあります。
人気の対面式キッチンのメリットは、リビングダイニングが見渡せるので、子どもや家族の様子を見ながらキッチンに立てることです。
一方背面式キッチンのメリットは、油や水の汚れが広がらず掃除がしやすいこと、調理に集中できることがあげられます。
まだ子どもが小さい家庭では対面式キッチン、ある程度成長したら背面式キッチンのマンションを選ぶのも良いかもしれません。
その他、キッチンから洗面室へ直接アプローチできるような間取りも、家事と子育てを同時に行う上で便利な間取りです。
キッチンに立ちながら洗濯機を回したり、子どもの入浴の手伝いをしたりすることが出来ます。
一人暮らしの女性でも、独立した洗面室のある間取りを選ぶことが、身支度の時間を短縮することに繋がります。
また、掃除のしやすさを考えてお部屋を選ぶのも一つの方法です。

女性のためのマンション「自分の居場所を作ってストレスフリー」

働いて帰宅した後に家事育児をこなし、自分のことはどうしても後回しにしがちです。
自分専用の部屋がなくても、お気に入りのインテリアやスペースがあるだけで、毎日の気分が変わってきます。
どんなに小さくてもいいので自分のためだけの空間確保することによって、ストレスをためない部屋を作りましょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

女性のためのマンションでストレスフリーな生活 ページ上部へ戻る