1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らし用の冷蔵庫選びに悩んでしまったら
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らし用の冷蔵庫選びに悩んでしまったら

一人暮らしに必要な家電製品には炊飯器や洗濯機、電子レンジなどいろいろあります。
一人暮らし用の家電の中でも、必要度1、2位を争うと言っても過言ではない冷蔵庫。
冷蔵庫売り場に行くと、サイズから機能から実にさまざまありすぎて、使える冷蔵庫があるにもかかわらず思わず買い換えたくなってしまいます。
「食」を支える役目もある冷蔵庫を、一人暮らし用で考えるときどんなポイントがあるのでしょうか。

一人暮らし用に適したサイズとは

まず、冷蔵庫のサイズを決めるために冷蔵庫の幅や高さの寸法を正確に測ります。
ただ、その寸法で冷蔵庫のサイズを決めないで欲しいのです。
冷蔵庫を置くときは熱を効率よく放出するために、冷蔵庫まわりにゆとりが必要になります。ですので、その分の寸法も考慮したサイズのものを選ぶようにしてください。
冷蔵庫の高さは、自分の身長との相談です。上の部分を収納として使いたい方は無理のない高さにしましょう。
そして、部屋の動線や冷蔵庫のドアは壁に当たらずに開けられるかなどもイメージしておきます。
置きたい場所にきちんとコンセントが設置されているかを確認するのも忘れないようにしましょう。

冷蔵庫の容量

これは、どのくらいの頻度で自炊するかによって決めます。
全く自炊をしないという方なら、ホテルにあるような70~80リットル位の小型のもので充分でしょう。
ですが、あとから自炊生活するとなったとき、このようなサイズはとても不便ですので注意しましょう。
たまにしか自炊しないという方でも、大体120リットル~150リットル位は最低限必要な容量です。
毎日自炊する方は、200リットルクラスの容量がまとめ買いや作り置きにも対応できて便利です。
ですが、この場合それなりのスペースが必要になりますので前もって確認はしておきましょう。

どんな機能が良いのか

何でも冷凍しておくという方は、冷蔵室より冷凍庫の容量をチェックしましょう。
ドアを開けたとたん、雪崩れてくることのないように冷凍室が二段になっているものや引き出しがついているものが良いでしょう。
また、冷蔵庫は電源を入れ続けたままで使用しますので、消費電力には気をつけたいところです。
メーカーにより違いはありますが、今は一人暮らし用の冷蔵庫のように小さいものほど省エネの効率が高くなっています。
1年間の消費電力が表示されている冷蔵庫もありますので参考までに見ておくといいかもしれません。
冷蔵庫にありがちなズンッというモーター音が気になってしまう方は、音を抑えた静音機能のものも良いと思います。

冷蔵庫は生活をスタートさせると同時に必要となるものですので、選ぶ項目をしっかりまとめてから買いに行くと失敗にならずに済みます。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

一人暮らし用の冷蔵庫選びに悩んでしまったら ページ上部へ戻る