1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一戸建てとアパートの住み心地を比較してみよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

一戸建てとアパートの住み心地を比較してみよう

賃貸物件を探している人の中には、どのような住宅に住むかで迷っている人もいるのではないでしょうか。
東京などの都心部ではマンションかアパートかで悩む人が多いのですが、地方ではアパート一戸建てのどちらを借りるかで悩むこともあるでしょう。
日本では、都心部を離れると低層住宅地が広がっている地域が多く、賃貸物件もマンションよりアパートや一戸建ての数が多くなっています。
そのような住宅地では、都心部とは異なり土地の区画も大きく、ゆったりとした街並みが特徴です。
低層住宅地で賃貸物件を選ぶときは、アパートか一戸建ての選択になることが多いでしょう。

アパートと一戸建ての住み心地

アパートと一戸建てを住み心地で比較してみます。
アパートが一戸建てと一番大きく違うのは、集合住宅であることです。
〇アパートの住み心地
集合住宅に暮らすということは、自分以外の住人も同じ建物内で生活していますので、独自のルールやマナーがあります。
廊下や外構などの共用部分は管理会社が清掃やメンテナンスをしてくれますが、ゴミの出し方や駐車場の停め方が決まっていたりしますし、騒音にも気を配る必要があります。
気を配るといっても、深夜の洗濯機や掃除機の使用を控えたり、大音量で音楽を鳴らしたりしないという当たり前のことです。
入居者が全員気持ちよく生活するためには、このようなルールやマナーが大切です。
アパートなどの集合住宅の特徴の一つとして、同じような間取りの部屋が集まっているということあります。
つまり、自分たちと同じような家族構成の人たちが入居している可能性が高いのです。
近い世代の入居者がいれば、会話も弾みますし、子どもたち同士が仲良くなることもあるでしょう。
一戸建ての住み心地
一戸建ての特徴は、アパートなどの集合住宅ほど騒音に気を使わなくても良いということです。
ある程度は、こどもが家の中を走り回ったり跳ねたりしても大丈夫でしょう。
また、庭が付いていることが多いので土や植物に親しむことができます。
広めの庭なら家庭菜園やガーデニングをすることもできますし、テーブルといすのセットを出してくつろぎの空間とすることもできます。
家の敷地内に駐車場があることが多いのも、一戸建ての特徴です。
家のすぐ近くに車を停められるということは大変便利で、重い荷物があるときや天気が悪い時など、外を歩く時間が短くて済みます。
一戸建てはアパートなどの集合住宅に比べて窓も多いので、日当たりや風通しの面でも有利です。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

一戸建てとアパートの住み心地を比較してみよう ページ上部へ戻る