1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 長く商売を続けられるための店舗物件探しをしよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

長く商売を続けられるための店舗物件探しをしよう

飲食店などで働いている方は特に、将来は自分の店を持ちたいとがんばっている方は多いです。
初めて自分の店を構えようとする場合、どのような店舗物件探しをするのが良いのでしょうか。

店舗物件探しのコツ

店舗物件探しをするとき大切なのが、場所であるといえます。
しかし、人が多く集る場所であればどこでも良いわけではありません。
自分のやりたいお店はどの年代の方に需要があるのかを知ることが重要です。
なぜなら、若者がたくさん集る場所や年配の方が多く集る場所、観光客がたくさんいる場所など、地域によって特色があるからです。
自分のお店を必要とする人が多い場所に店を構える事ができれば、成功する確率が高くなるといえるでしょう。
しかし、商売に適しているといわれている、人が多く集る場所は賃料が高く設定されています。
自分の扱う商品の利益を計算し、どれくらい売れれば黒字になるのかをしっかり知っておく必要があります。
もちろん毎月支払わなければいけないものは家賃だけではなく、光熱費や通信費などさまざまです。
また従業員を雇うのであれば人件費も考えた上で、どのくらいの家賃なら払えるのかを計算しておきましょう。
商売を始めれば目に見えないお金もどんどん消えていくものです。
その事を踏まえ自分で払える家賃の範囲内で、店舗物件探しをするようにしましょう。

初期費用を抑える

店舗を借りるにあたっての初期費用はなるべく抑えたいと思っている方も多いでしょう。
なぜなら、浮いたお金を運転資金に回すことができるからです。
初期費用を抑えるには居抜き物件を借りる方法があります。
居抜き物件とは、前のお店で使用していた設備などがそのまま残っている物件のことです。
残っている設備がそのまま使用できるのであれば、一からそろえなくても良いので初期費用を抑えることができるでしょう。
また、内装などに時間をとられなくてもすむので早めにお店を開店することができます。
しかし、設備の老朽化などで修理や処分をしなければいけなくなる場合もあります。
そういう場合は、修理代や処分費用がかかってしまうので注意が必要です。
また良くも悪くも、前のお店のイメージを引き継いでしまう可能性があることを知っておきましょう。

このように一言で店舗物件探しをするといっても、いろいろと考えなければならないことがたくさんあります。
早く開店したいからとあせらず、長く続けられる店舗物件を探すように探すようにしましょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

長く商売を続けられるための店舗物件探しをしよう ページ上部へ戻る