1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 博多でお部屋探しをするなら家賃交渉をしてみよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

博多でお部屋探しをするなら家賃交渉をしてみよう

人が生活していくには、さまざまな費用がかかります。
食費や水道光熱費、通信費など毎月必要な費用がたくさんあるのです。
賃貸の物件で生活するなら、家賃の支払いは欠かせません。
博多区は、福岡県で中心的な機能を持った地域です。
そのため、人は多く集まり、住宅がたくさんあります。
その住宅には、賃貸物件も大変充実しています。
そんな博多区で生活するなら、家賃が高いというイメージを持っている人もいるでしょう。
実際に、博多駅前周辺は利便性が高いという理由から、福岡市内のほかのエリアに比べて家賃は少し高めに設定されています。
家賃は、生活費の大部分を占める費用です。
家賃の金額で普段の生活が左右されるといっても、間違いではありません。
その家賃は、交渉次第で下げることができるのはご存知でしょうか。
それは入居前でも入居後でも、どちらでも交渉が可能です。
しかし、物件によっては家賃交渉ができない場合もあります。
それなら、家賃交渉が可能な物件とはどういう物件なのかを知っておくとよいでしょう。

家賃交渉可能な物件とは

家賃の値下げ交渉が可能な物件とは、どのような物件があるのでしょうか。
ポイントのひとつに、築年数が挙げられます。
たとえばテレビなどの電化製品を購入する場合を考えてみましょう。
新しい年式のテレビが発売されたとき、新品のものであっても古い年式のものは型落ちの商品として扱われます。
そういう商品は、まず店頭価格が値下がりします。
電化製品を購入する際、「値切り」をする人は少なくないと思います。
新品の新型製品を値切ることは難しいでしょう。
型落ちの商品なら、交渉しだいでは店頭価格からさらに値切ることができる場合があります。
販売する側としては、在庫を抱えることはあまり好ましくありません。
売れ残りをなくすためにも、型落ちの商品は値引きしてでも売りたいと考えるものです。
家賃にも、それと同様のことが言えます。
その物件を管理する大家さんにしてみれば、入居者は常に満室の状態が好ましく、空室を残したくありません。
新築の物件なら、高い家賃でも借り手がつく場合があるので、家賃の値下げ交渉はできません。
しかし、築年数が7年くらいから10年ほどの場合、さほど古くはありませんが空室を埋めるためにはと値下げ交渉に応じてくれる場合があるのです。
博多周辺でお部屋探しをする際のポイントのひとつとして、家賃の値下げ交渉も考えてみると、探しやすくなるでしょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

博多でお部屋探しをするなら家賃交渉をしてみよう ページ上部へ戻る