1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らし家具レイアウトはインターネットのサイトも参考に
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らし家具レイアウトはインターネットのサイトも参考に

一人暮らしの方の間取りは、主にワンルームタイプや1Kタイプなどが多いでしょう。
狭い部屋を少しでも広く見せて、居心地のいい居場所にしたいと考えたときに家具のレイアウトはとても重要です。
そこで家具のレイアウトについて考えてみました。

一人暮らし家具レイアウトの要はベッドとソファ

部屋の中で大きな場所を占めるベッドとソファ。この配置がレイアウトの要になります。
ベッドは大きくて重いので一度置き場所を決めると、なかなか動かすことはありません。
入り口やクローゼットや押入れなどの邪魔にならない場所に置くことになります。そうなると、おのずと置き場所は限られてくるものです。
その次に重くて動かし辛いソファを配置しましょう。

一人暮らし家具レイアウトのコツ

家具どうしはぴったりとくっつけずに、少し離して配置すると窮屈な印象を受けづらいようです。また湿気対策の面から壁からも離して配置して、カビの発生を防ぎましょう。
家電も壁の黒ずみ等を防ぐ為に壁から少し空間を作ると良いでしょう。
背の低い家具で揃えて、家具の上の空間を多く取れるようにすると、部屋が広く感じるようです。
家具の高さや幅や面がデコボコにならないように直線で揃えると、部屋がスッキリとした印象になります。
家具は片方の壁に並べて、片方の壁は空けておくと部屋を広く使うことが出来ます。

一人暮らし家具レイアウトはインターネットも参考に

インターネット上には、一人暮らし家具レイアウトを考えたときに参考になるサイトが沢山あります。
何も分からずに自分の好みだけでレイアウトするのではなく、サイトを見本にして真似てみるのもいいでしょう。
学生向けや男女別など様々なレイアウト例を探すことが出来るので、理想のお部屋作りの参考になります。

一人暮らし家具レイアウトはサイズを測っておくのが大切

これから引越しをするという場合は、引越し前にサイズを測っておくのが基本です。物件を内見した時に計っておくといいでしょう。
部屋のサイズが分からなければ、家具を購入するときにも部屋に置けるかどうか分かりません。
間取り図ももらっておきましょう。間取り図にコンセントの位置も書き込んで、コンセントを塞がない家具の配置を考えなければなりません。
実際に家具を運びこんでからレイアウトを決めるのではなく、間取り図上でレイアウトを考えておき、それにそって家具の配置をすれば無駄がありません。
引っ越す前にレイアウトをあれこれ考えるのも楽しいものです。あなだだけの素敵なお部屋になるレイアウトに挑戦しましょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

一人暮らし家具レイアウトはインターネットのサイトも参考に ページ上部へ戻る